-PR-
解決
済み

昭和10年ごろ長崎で起きた美談について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.53600
  • 閲覧数99
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 34% (11/32)

下記、内容についてご存知の方はいらっしゃいませんか?
事故現場には記念碑も建っていると聞いていますが、
長崎の方でご存知の方いらっしゃいましたら、
詳細について教えてください。
古い話で申し訳ありません。
**************************************************
長崎市のバスに乗っていた男性の車掌さんです。
話は戦前の,昭和10年頃のことです(だったように記憶しています)
長崎市郊外の,とある下り坂にさしかかったバスのブレーキが利かなくなりました。危険を察知した車掌さんは,バスを飛び降りるなり車輪の前に身を投じて,自分の体を留め石にしてバスを留めました。
このとっさの行動でバスは止まり,乗客は助かりました。
車掌氏は,しかし,帰らぬ人になりました。
***************************************************
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 45% (5/11)

ちょっと見た気がするので調べてみました。
http://www.ceres.dti.ne.jp/~zen/kinenhi.html
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/nsurf/nsurf42/nsu4209/nsu420902b.htm
http://www.ktn.co.jp/news/d000901.html#0005

1947(昭和22)年9月1日西彼杵郡時津町の打坂でブレーキ故障した木炭バスを、鬼塚道男さんが命と引き換えに止めた。そこには打坂地蔵尊がある。

素晴らしいけど、とっても悲しくなる話ですね。
お礼コメント
777nanana

お礼率 34% (11/32)

多分この記事です。最近の日本の政治家や官僚の自己保身に辟易していたので
こういう救いのある話を求めていました。
大変有難うございました。
投稿日時 - 2001-03-19 15:54:18
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ