総ありがとう数 累計4,308万(2014年11月23日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
jyo-ya

住宅購入を考えて色々な物件をみてきました。
やっと見つけた土地が夫婦共に気に入り契約をすることができました。
先日両親に決まった土地を見てもらったとこ高圧線があることを指摘されました。
ネットで調べたり、親戚に聞いたりしているとやめた方がいいということを知りました。
すでに土地と建築会社は契約済みです。
銀行のローンの申し込みはこれからです。
高圧線のことは私たち夫婦は全然わかりませんでした。
土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書かれていてそこで初めて知りました。
私は高圧線のことをよく知らなかったので売主さんや不動産屋さんにどういうことですか?と聞いたらあまり気にしなくていいと言われ、健康被害のことなどは教えていただけませんでした。
電力会社からお金を頂けることは教えてもらいましたが、そのお金の理由は空中の土地を借りているためと教えてもらいました。
それによって雷の時などに火事になりやすいとかですか?と聞いてもそうゆうことはないですと言われました。
私からすれば健康被害など科学では証明されてはいないけれど、いちお気にされる方がいますなどと契約前に教えて下さらなかったのかとすごく不動産屋に怒りがあります。
まだ20代半ばの若い夫婦なので騙されたのでしょうか?
そのことを知っていたのなら私は契約しませんでした。
まだ生まれたばかりの子供がいるので、すごく気になります。
このような時に契約を取りやめるとなると、手付金はかえってこないのでしょうか?
土地、建築とも手付金は払っています。
少し文章がおかしくなっていてわかりずらいと思いますがとても困っているのでよろしくお願いします。
  • 回答数25
  • 気になる数1

Aみんなの回答(全25件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-09-12 23:41:29
  • 回答No.22
法律の問題はパスして電磁波について一言。
電磁波の影響は問題なし。あるいは科学的に証明されていない、という意見が多いですね。
私の見聞(意見ではありません。見聞です)を聞いてください。
今から20年以上前ですが、ある科学雑誌に書かれていた記事です。関西地方?のある町の中心に変電所がありました。この町で癌の発生状況を調査したところ、変電所から四方に延びる高圧線の下に住む人に多く癌が発生してました。地図上に癌患者が発生した家をマークしてありましたが、明らかに高圧線の下が多かったです。
B級科学雑誌ではありませんよ。有名国立大学を退官された方が立ち上げた雑誌であったと記憶しております。
そんなに危険ならば規制されるはず、という意見もありましたが、問題無し、と言う企業、団体がある以上、役人がこれ以上大騒ぎになるようなことをするとは思えません。
また、これも古い話ですが、あるテレビ番組で、レポーターが夜、蛍光灯を持って高圧線の下に行くと、なんとその蛍光灯が点灯しました。もちろん電源はありませんよ。
ホットカーペットの方が電磁波が強いと下で書かれていましたが、ホットカーペットの上に蛍光灯を置いても多分点灯しないでしょう。
高圧線の下は魚がよく釣れる、と書かれた本も読んだことがあります。もしかしたら電磁波で暖かいのかもしれません。
IHの電磁波も、電力会社は問題なしと言いますが、ガス会社は問題ありと言います。
以上の事を考えれば、私なら高圧線の下はもちろん、近辺にも住みたくありません。
ご参考までに。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません。
日本は遅れているんですね。
なんか悲しくなってきますね。
そのせいで癌になられる方がいたとしたら本当にかわいそうです。
私ももう絶対住みたくないので次に家を探す時はかなりうろうろしてみると思います。
今回のことで電磁波のことをたくさん学ばせていただいたのでこれからは知人などにもアドバイスしていきたいと思います。
投稿日時 - 2009-09-15 03:18:15
  • 同意数-2(0-2)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全24件)

  • 2009-09-09 11:58:33
  • 回答No.11
 質問を読むと契約破棄するのであればあなたに100%責任があるでしょう。

 不動産屋は高圧線がある説明をしていたようですね。そもそもの不動産屋の説明の趣旨は「地役権が設定されていますよ」という意味です。高圧線による健康上の問題点のために説明しているわけではありません。
 
 健康被害については、普通の住宅用地であれば、現地で計測しても電力会社が100%問題無いと回答するような土地しかあり得ないでしょう。ゆえに不動産屋も建設業者も問題無いとしか言えません。よってそこにケチをつけるのは無理です。ちなみに高圧線と言ってもいわゆる低周波しか流れていません。高周波の物と被害を比較するのもナンセンスかと思います。携帯電話を脳や赤ちゃんの側で使う方が桁違いに悪いと考えますけど。

 土地を購入前に自分で登記を調べることも簡単にできたはずです。

>まだ20代半ばの若い夫婦なので騙されたのでしょうか?
 不動産屋は高圧線の件を説明済みです。騙されてはいません。
>そのことを知っていたのなら私は契約しませんでした。
 不動産屋は契約時に高圧線の説明したはずですから、その時に断れば良かったのです。そのことが健康被害ならば立証責任はあなたにあります。
>まだ生まれたばかりの子供がいるので、すごく気になります。
 どうしても懸念されるのであればお金は無駄になっても契約破棄でしょうね。
>このような時に契約を取りやめるとなると、手付金はかえってこないのでしょうか?
 土地の手付けは返ってくると考える方がおかしいです。建物の契約金は支払った額が高額であれば何の工事もしていないので少しは返してくれるかもしれません。

 ちなみその土地が空いていたのは高圧線の下だったからでしょう、それぐらい避ける人が多いのも事実です、現にこの質問コーナーでも否定的意見がほとんどでしょう。
 その代わりその土地は周辺相場より当然に安かったはずです。
 不動産にお買い得物件はありません、結局手付け放棄などをしてこの土地を諦めるか、このまま建築するかはあなたにしか決められません。

>私からすれば健康被害など科学では証明されてはいないけれど、いちお気にされる方がいます
 これはヤクザの因縁と同じです。科学で証明できないことも説明する必要があるのならばオカルトの世界でしょう。事実を淡々と述べる責任があるにすぎません。怒りを持たれては不動産屋が気の毒です。
 そもそも売主に頼まれて土地情報を陳列しているのですから、売主にとって科学的立証も無い都合の悪そうな話を積極的にするのは不動産屋のすることではありません。

 現地を見てもすぐに気づかないほど上空にあるのではないですか。だったら気にしなくても良いと考えます。もしすぐに分かる位置にあるのならばやはりあなたが悪いです。高圧線云々はあなたも元々知らなかったのであればたいした問題ではありません。大問題ならば当然に知っていたでしょう。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
やはり私たちが調べなかったのが悪いのですね。
本当にオカルトの世界です。
その土地に霊がいますよというのと同じ考えですよね。
しかしこの事実を知ってしまった以上住んでいるには問題ないと言われてもやっぱり気持が悪いです。
お金が返ってこなくてもやめるとは思いますが、金額が大きいのでできればとりかえしたいと思います。
投稿日時 - 2009-09-09 18:45:11
通報する
  • 同意数2(2-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-09 09:44:36
  • 回答No.8
高圧線の影響ですが、所謂「疑似科学」的な話も多いので、注意が必要ですね。

本当に健康被害が明らかならば、「公害」としてきちんと規制されているはずです。規制されていないということは被害がはっきりとは確認されていないということです。

なので、特に気にならないのなら、問題にする必要はない話ですが、こういったことは気持ちの問題でもありますので、どうしてもそこの土地で気持ち穏やかに過ごすのは無理なのであれば、解約もやむなししょう。

説明がなかったということについては、非常に難しいと思います。見れば解るので。
知らないまま、普通の電線だと思っていたほうが幸せだったかもしれませんね。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
公害として規定されていないので確かに難しい問題だと思います。
はっきり確認されていないのならばいちお気にされる方はいますという一言でよかったので欲しかったです。
さんざんお世話になって信頼関係もできてきたところでこのようなことになってしまったのでとても残念です。
知らないままの方がよかったのかな?とも思いました。
しかし偶然にも何か影響があったときにそのことを知ったらもっと後悔や金銭面での苦痛がのしかかってきますので今わかってよかったと思うようにしています。
投稿日時 - 2009-09-09 17:53:17
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-09 08:24:40
  • 回答No.7
契約前の重要事項説明の時に気付いたのですよね?
その時保留にする事も出来たのでは無いですか?

指摘されて気にされて調べるのでは遅いと思うのですが?
そもそも高圧線を気にされる方だったら
土地を見た時に却下します。

契約に至るまで気付きませんでしたという主張が通るかどうか
他に何らかの理由があって、
契約破棄したくなったと疑われても仕方ないケースだと思います。
いわゆるクレーマーです。

契約に定められた解約手数料を支払って解約するか
交渉の過程に不備があったとするなら、
調停等で返金を申し出てみれば良いと思います。
第三者の目でみて、どちらの言い分が正しいか示してくれるでしょう。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
重要事項説明の時に初めて聞いて高圧線がどうゆうものか知らなかったので健康被害がないかなど色々聞きました。
その時に保留できたとは思いますが、何も問題がないやお金がはいるなんてラッキーですね!などと言われればそこで保留という形は考えてもいませんでした。
ましてやわざわざ売主さんが来て下さっているのに何も問題がないだたの電線のことで契約ストップしますという言葉は出せません。
勉強不足の私たちが一番悪いとは思いますが、私たちなりに本を買ったりしながら勉強はしたつもりでした。
第三者の目でみてもらい判断してもらうという方法はとてもいいことだと思いました。
専門家の意見が聞けてよかったです。
投稿日時 - 2009-09-09 17:48:24
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-13 15:20:02
  • 回答No.24
>土地契約の時の重要事項説明の時に高圧線が通っていますと書か
重要事項説明を受けて契約した場合、法的には問題ありません。
私自信、40年以上も高圧線下で生活してますが、問題ありません。
契約解除に値する理由が見当たりません。
簡単に解約できないと思います。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
法的には問題ないと弁護士さんから言われました。
高圧線の下で生活されていてなにもないようなのでよかったと思います。
そうゆう方もたくさんおられるのはもちろん分かっています。
でも私は色々調べたり聞いたりしたのを聞いてやはり怖いという印象を持ってしまいました。
東京電力も小児白血病に関しては、長期に電磁波にあたると発症率は2倍になるというデータがWHOででていると聞きました。
でも日本ではまだ証明されていないと聞きました。
まだ小さい子供がいますのでやはりそれはこわいです。
あえてそこには住もうとは思いません。
手付放棄で解約をしてきました。
投稿日時 - 2009-09-15 03:29:40
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-13 15:44:59
  • 回答No.25
電磁波が気になられましたら、お近くの電力会社営業所へ電話して電磁波の強度を測定されればようかと思います。1F、2Fなど家中を測定してみてください。測定してくれると思います。鉄塔にはグランドワイヤーが張ってあるので、家に雷は落ちにくいはずです。
お礼コメント
回答ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
電磁波の測定はしてくれると言われました。
でもそれをやっても問題ないと言われて手付金が返ってくることはないと聞きました。
鉄塔にはワイヤーが張ってあるんですね。
雷に関しては安心できました。
投稿日時 - 2009-09-15 03:32:35
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
24件中 1~5件目を表示
  • 回答数25
  • 気になる数1
  • ありがとう数39
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ