-PR-
  • 暇なときにでも
  • 2009-08-29 17:18:05
  • 質問No.5246563
解決
済み

経済学に必要な(役立つ)数学の範囲

  • 閲覧数762
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
noname#107129

今日は。私は経済を学ばんとしています。そこで、高校数学の単元(数A確率、数Ⅱ微分法など)のうち、不自由なく経済を大学でやるとき、直接必要な単元はどれでしょうか?

見たところ、ⅢCの知識(自然対数eや微分方程式)が必要だったりするようです。

重要度も出来たらご教示下さい。
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • みんなの回答(全2件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2009-08-30 08:26:18
    • 回答No.2
    noname#210603

     グラフを使って理論を説明することが多くなると思いますので、最低限の準備として、数1の2次関数、数2の微分法、数3の極限と微分法をしっかり勉強しておくことは、とても役に立つと思いますよ。
     より網羅的には、経済数学に関する教科書が、たくさんあるのですが、例えば、日本評論社から出ている「経済学に最小限必要な数学 高校数学編」という本を参照されてはいかがでしょうか。
    お礼コメント
    noname#107129

    「経済に最小限必要な数学」、みたことが有ります。うーん数Ⅲはやはり必要なんですねえ。数Ⅲはサボったので大学に入ってから詰め込むことになりそうです。
    回答有難うございました。(^-^)
    投稿日時 - 2009-08-30 10:37:42
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全1件)

    • 2009-08-29 17:38:54
    • 回答No.1
    haragyatei レベル10

    ベストアンサー率 17% (25/146)

    経済学部で単位を取って卒業を目指すということで回答します。経済学は数学のかたまりです。文系というより理系に似ています。経済現象を科学的に分析、設計するのが目的です。微分方程式は経済現象の時間的変化を解析するのに、確率は消費者や天候など不確定なものを記述するために必要です。理系の数学よりEconometrics(計量経済学)のほうが難しいものが多いようです。だから数学は高等な数学が必要となっています。娘の婿 ...続きを読む
    経済学部で単位を取って卒業を目指すということで回答します。経済学は数学のかたまりです。文系というより理系に似ています。経済現象を科学的に分析、設計するのが目的です。微分方程式は経済現象の時間的変化を解析するのに、確率は消費者や天候など不確定なものを記述するために必要です。理系の数学よりEconometrics(計量経済学)のほうが難しいものが多いようです。だから数学は高等な数学が必要となっています。娘の婿の妹は自己回帰モデル(Autoregressive Model)を知っていてびっくりしたことがあります。伊藤の確率微分方程式を使ってノーベル経済学賞を取ったのは最近の出来事です。
    お礼コメント
    noname#107129

    確率微分方程式ですか。サンドイッチみたいですね、確率と微分方程式がくっ付いて。
    何だか難しそうですが、さすがに理系数学より計量経済の方が難しいとは思ってもみませんでした。
    経済現象を 解析 するという言い方からしてもう理系ですよね。

    微積分と確率が大事そうなので、ここをしっかり固めたいと思います。ありがとうございました。
    投稿日時 - 2009-08-30 10:32:21
    • ありがとう数0
    • 回答数2
    • 気になる数0
    • ありがとう数1
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 専門家・企業を含めた、
      多くの人々が答えてくれます
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ