総ありがとう数 累計4,264万(2014年10月2日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
tiger1_11

真鍮C2801Pを食品関係の装置部品に使いたいのですが、人体に悪影響を及ぼす可能性の問題があるかどうか知りたいです。
簡単にですが、ドロドロした材料が真鍮部品に触れながら通り、熱をかけられます。
真鍮部品には熱はかかりませんが、熱がかかった場合も物質変化などで人体に悪影響であれば知りたいです。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-07-02 12:26:19
  • 回答No.1
真鍮C2801P(別名六四黄銅)は銅と亜鉛の合金ですから、人体に悪影響があるとすれば、過剰摂取による障害が考えられます。
・銅:化学薬品の誤飲や、人工透析時の混入などの事故により、消化管障害・肝障害・溶血性貧血を主訴とする急性中毒
・亜鉛:急性亜鉛中毒では胃障害・めまい・吐き気、継続的に過剰摂取すると、銅や鉄の吸収阻害による銅欠乏や鉄欠乏、それに伴う貧血、免疫障害、神経症状、下痢、HDLコレステロールの低下など

ただし、どちらの元素も通常の摂取量で過剰害が見られるケースは稀(サプリメント等で大量に摂取する場合を除き)ですし、亜鉛と銅は人体への吸収において拮抗作用がありますから、ご質問者様のようなケースで過剰害が出るとは考えにくいです。
お礼コメント
分かりやすい回答どうもありがとうございました!
投稿日時 - 2009-07-03 11:04:00
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数4
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ