総ありがとう数 累計4,330万(2014年12月20日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
goodmanman

新幹線にコダマ、ひかり、のぞみ
とかの種類があるのですが
停車駅の多い少ないの違いなのでしょうか?
料金も?

なにが違うのでしょうか?
  • 回答数9
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全9件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-06-13 10:52:14
  • 回答No.6
移動時間は
のぞみ、ひかり、こだま、
の順です(速度と停車駅の数の違い)

料金は自由席利用の場合は同じです。「のぞみ」で指定席利用の場合は「こだま、ひかり」より2区間によって200円~600円高いです。

停車駅は
「のぞみ」:東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、広島、新山口、小倉、博多
「ひかり」:東京、品川、新横浜、熱海、三島、静岡、浜松、豊橋、名古屋、岐阜羽島、米原、京都、新大阪、新神戸、西明石、姫路、相生、岡山、福山、広島、新山口、小倉、博多
「こだま」:新幹線全駅(35駅)に停車
*「のぞみ」「ひかり」は列車によって通過駅も有り

夢の超特急「ひかり」(※昔の九州方面の急行にも ひかり ありましたが^^;)
新幹線の愛称募集のとき、二万票もの支持うけて命名

特急「こだま」 新幹線完成前、東海道本線の花形ビジネス特急(東京~大阪6時間)だった「こだま」が新幹線に移籍
光速「ひかり」の次に早い音速「こだま」とか^^;

次世代超特急「のぞみ」、21世紀の最高の科学技術が産んだ「ひかり」よりも早い「のぞみ」
2003年10月1日のダイヤ改正により、「のぞみ」は「ひかり」に代わってついに主役の座へと躍り出た。
補足コメント
よく耳にするレイルスターというのは
のぞみの愛称でしょうか?
投稿日時 - 2009-06-13 13:10:25
お礼コメント
前半の説明で凄く理解できました。

納得しました!

ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-06-13 12:52:43
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数2

その他の回答 (全8件)

  • 2009-06-13 10:22:56
  • 回答No.1
noname#92656

はっきり言えば目的地までかかる時間の違いです。
駅に度に止まっている時間はロスしますし、停まるためには直前に減速しなければならず、また停まった状態から加速している間もロスします。
さらに言えば停車駅数が多ければ多いほどその間の距離が短くなり、加速するのに必要なだけの距離を取れず加速しきれないということも発生します。
よって、なるべく停まる駅数が少ない物ほど早く目的地に着くことができます。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-06-13 10:31:46
  • 回答No.2
noname#94836

こだまは新幹線の各駅停車みたいなもの。
ひかりが快速。
のぞみが特急という感じでしょうか。

こだまはすべての駅に停車します。
ひかりは停まらない駅もあります。
ただしこだま・ひかりの料金は同じです。
のぞみは停まる駅が非常に少ない。
料金も若干高い。
お礼コメント
シンプルで分かりやすい説明ありがとうございます。
投稿日時 - 2009-06-13 12:56:29
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-06-13 10:31:52
  • 回答No.3
それは「東海道・山陽新幹線」のことですね。
新幹線には「こだま」「ひかり」「のぞみ」の3種類がありますが、これは停車駅の違いだけで、料金は皆同じです。
「こだま」は各駅停車で東京-品川-新横浜-小田原-熱海-三島・・・と停まります。これに対して「のぞみ」は原則的に東京-品川-新横浜-名古屋-京都-新大阪・・・・にしか停まりません。もっとも速度が速い電車です。
「ひかり」はこの2つの中間で、東京-品川-新横浜-静岡-豊橋・・・などの停車駅になります。
以前は「ひかり」が東京-名古屋-京都・・・だったのですが、「のぞみ」が大増発されている現在では「ひかり」は「第二のこだま=各駅停車」に格下げ状態になっています。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-06-13 10:47:15
  • 回答No.4
元々新幹線はこだま号とひかり号しかありませんでした。
この時点では こだま号 各駅停車
       ひかり号 急行列車
という感じでした。
でも元は超特急なのでおかしな感じですね。
元々こだま号は東海道本線の東京大阪間を走る特急でした。
新幹線開通時に廃止されましたが。
ひかり号は、戦前派朝鮮を走る急行であり戦後は、九州を走る急行準急でした。

のぞみ号は1992年に誕生した本当の超特急です。
基本とまりませんwww

当時は東京でたら名古屋まで止まらない弾丸列車でした。
元々のぞみ料金と呼ばれるものがあり、ひかりこだまとは一線を画していたのも事実です。
今はほとんど差がなくなって200-600円程度高い程度だと思いました。
お礼コメント
歴史的な説明ありがとうございます。
ところで
列車の使われている機材機種には
なにか明確な区別や差異はあるのでしょうか?
投稿日時 - 2009-06-13 12:59:25
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-06-13 10:51:04
  • 回答No.5
noname#94836

#2ですが、ちょっと補足

指定席特急料金で比べると、のぞみが若干高い。
すべて自由席利用だと、すべての区間をチェックはしてませんが、同じ料金になると思います。
http://www.shinkansen.co.jp/ryokin_tokaido-sanyo.html
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
8件中 1~5件目を表示
  • 回答数9
  • 気になる数0
  • ありがとう数23
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ