OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

中国地方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4957
  • 閲覧数42
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/12)

日本には、中国地方というのがありますが、それは、お隣の国である、チャイナと何か関係があるのですか?それとも全然関係はなく、別の意味があるのでしょうか?
教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

URLは見ましたが、近国、中国、遠国という説明はちょっと違うようです。

 上古、日本で文化の発展していたのは九州と近畿(畿内)です。その2大文化の中間に位置するという意味で「なかつくに」=中国と呼ばれるようになったのです。

チャイナについてはNO.2 otsugeさんの説明で良いかと思いますが、こちらの「中国」は「世界の中心」の意味で使われています。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 22% (13/57)

中国地方の名は中国に近いことからつけられたようです。その中には、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県が含まれています。中国山脈を隔てて山の北側に位置する地域を「山陰」と呼んでいます。これは山のかげであることからこの名前がつきました。そして、山の南側に位置するのが「山陽」です。大雑把な説明ですみません。
中国地方の名は中国に近いことからつけられたようです。その中には、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県が含まれています。中国山脈を隔てて山の北側に位置する地域を「山陰」と呼んでいます。これは山のかげであることからこの名前がつきました。そして、山の南側に位置するのが「山陽」です。大雑把な説明ですみません。
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 15% (43/278)

無関係です 山陰山陽はむかしから「ちゅうごく」と呼び習わしてますが。「清」の一部が「中華民国」を名乗るようになったのは20世紀になってからのことです。現在、中華民国の支配地域は台湾だけで、49年頃から「中華人民共和国」が大部分を支配してますね。で、70年代になってから中共が中国と呼ぶように望むようになりました。それ以前、民国(国民党政府の略で国府とも呼んだ)を中国と呼ぶこともありましたが中国地方との混同 ...続きを読む
無関係です
山陰山陽はむかしから「ちゅうごく」と呼び習わしてますが。「清」の一部が「中華民国」を名乗るようになったのは20世紀になってからのことです。現在、中華民国の支配地域は台湾だけで、49年頃から「中華人民共和国」が大部分を支配してますね。で、70年代になってから中共が中国と呼ぶように望むようになりました。それ以前、民国(国民党政府の略で国府とも呼んだ)を中国と呼ぶこともありましたが中国地方との混同の問題や、2つの中国を区別する必要がある文脈が多いため、中共、国府が一般的でした。国号ではない、場所の名称としては「支那」が一般的でしたが、共産政府は好まない呼び方なのでほとんど使われなくなってます。もうお分かりでしょうが、チャイナは支那の英語読みです。
山陰山陽と大陸の混同の恐れは普通の話題ではほとんどないので、「中国」はあっちに差し上げることにし、「日本の中国地方」と強調して逃げるのが一般的用法です。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 平安時代、京都からの距離により、近国、中国、遠国と分けられていました。当然、この時代には、京都の東にもありましたし、中国地方全域が中国ではありませんでしたが、のち山陰地方と山陽地方を含んだ適当な言葉がなかったため、九州の遠国、近畿地方の近国に対して、中国地方と呼ぶようになりました。   ...続きを読む
 平安時代、京都からの距離により、近国、中国、遠国と分けられていました。当然、この時代には、京都の東にもありましたし、中国地方全域が中国ではありませんでしたが、のち山陰地方と山陽地方を含んだ適当な言葉がなかったため、九州の遠国、近畿地方の近国に対して、中国地方と呼ぶようになりました。
 
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ