-PR-
解決
済み

スタックオーバー ??

  • 困ってます
  • 質問No.48684
  • 閲覧数221
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

 WINの調子がおかしくなったため、昨日初めてWin98を初期化し、システムを入れ換えました。
 ついででしたので、本来の付属ソフトではない、Office2000を入れて作動しておりますが、起動時に「スタックオーバーフローのため、スレッドを停止します。最近インストールされたVxDがスタックを消費しすぎている可能性があります。System.INIのMinSPs設定を増やすか、最近インストールされたVxDを削除して下さい。現在5SPがアロケートされています」という表示が時々出ます。
 Nortonはシステムは正常と表示していますので、Nortonでは解決できません。
 Winは素人レベルですので、何をどうしたらよいのか分かりやすく教えていただけると幸いです。
 ちなみに「VxD」というソフトには心当たりが無く、すべてのソフトを昨日入れ換えたわけですので、「最近インストールされたソフト」にどれが該当するのかも良く分かりません。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

 えとですね。

 実はWindowsは、裏で実にさまざまなソフトを起動しています。
 通常、仮想デバイスドライバは、起動しているかどうかが見た目では分かりません。

 「スタート」ボタンから「ファイル名を指定して実行」を選び、「名前」の欄に「msconfig」と入力するとシステム設定ユーティリティが起動します。
 ここでSYSTEM.INIの中身を見ることができるのですが、そこに記述されているもののうちどれが妖しいかは、はっきり言って経験からしか分かりません(^_^;

 おそらくは何かをインストールした直後から出始めたはずなんですが……。
補足コメント
noname#145153

分かりやすい説明で有り難うございました。
 残念ながら、HD初期化後に、一気に多くのアプリケーションを入れて、そのつど再起動して動作確認をしたわけではありませんので、今となっては??です。
 思い当たるものをはずしてみます。
投稿日時 - 2001-03-07 16:40:39
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

 VxDというのはアプリケーションの名前ではなく、「仮想デバイスドライバ」という意味です。  起動時にものすごおおおくメモリを食っているソフトが起動しているのです。  可能ならば、「修復インストール」ではなく「完全インストール」をやりなおしてみてください。  前者では常駐物の削除は行わないので、アプリケーション側が原因で出たエラーは修復後も継承されてしまうのです。  再インストールができな ...続きを読む
 VxDというのはアプリケーションの名前ではなく、「仮想デバイスドライバ」という意味です。
 起動時にものすごおおおくメモリを食っているソフトが起動しているのです。

 可能ならば、「修復インストール」ではなく「完全インストール」をやりなおしてみてください。
 前者では常駐物の削除は行わないので、アプリケーション側が原因で出たエラーは修復後も継承されてしまうのです。

 再インストールができなければSYSTEM.INIをいじるかするしかないでしょう。
補足コメント
noname#145153

 コメント有り難うございます。なんとなく理解できるのですが、Winの知識が乏しいので、補足質問させてください。
 起動時に立ち上がるソフトは、NortonUtility2001だけなのですが、これを再インスツールした方が良いという意味なのですか? それとも可視できないソフトも立ち上がっている可能性があるということですか?
 NortonUtilityは多くのメモリを必要とするソフトなのですか?
 Macでは、動作メモリーを「情報をみる」のところで変更できますが、Winでもそのようなことをして対応することはできますか?
投稿日時 - 2001-03-07 12:48:36


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ