-PR-
noname#86802

仕事で使う工具を自作しているのですが強度が足りなくてすぐにへたります。自分で出来る焼き入れ方法があったら教えて下さい。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2009-04-08 08:45:02
    • 回答No.2
    実際どのような工具(品物)を考えておられるのか不明確ですが、
    焼入れ=通常は焼入れ焼き戻しの2回操作が行われるをするには、
    品物の材質がそのような工程を満足させるものでなければなりません。
    (まずあなたの使ってみえる工具の材質を確かめてください。合金鋼と呼ばれるものなら、なお結構です)

    熱する温度についてはそれぞれのケースに応じての経験ですから、おおまかな所は書物かネットでつかんで下さい。
    炭素鋼であれば、黄色くなったところで多量の油の中につけて、中程度の赤味のあるときから、炉の傍らで冷ますというのが、素人の範囲です。
    (水の中に漬けるだけというのもありますが、硬くはなりますがもろくなって使えないと思います)
    お礼コメント
    noname#86802

    ありがとうございました
    投稿日時 - 2009-04-11 13:48:44
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2009-04-08 08:19:34
    • 回答No.1
    よく行われるのが、水に入れて急激に冷やす方法ですが、これは表面だけが硬くなりますが、内部はやわらかいままですから工具のようなものには向きません。 URLの各種の焼入れ方法を参考にされたらいかがでしょう。 ...続きを読む
    よく行われるのが、水に入れて急激に冷やす方法ですが、これは表面だけが硬くなりますが、内部はやわらかいままですから工具のようなものには向きません。
    URLの各種の焼入れ方法を参考にされたらいかがでしょう。
    お礼コメント
    noname#86802

    ありがとうございました
    投稿日時 - 2009-04-11 13:49:29
    • ありがとう数0
    • 2009-04-08 14:07:56
    • 回答No.3
    焼きが入る素材だとしても、焼きが入ると、硬度は増しますが、粘度は下がります。つまり、固いけど、曲がる衝撃には弱いので、割れ、折れなどは生じやすくなる。そのへんどうなんでしょう。 ...続きを読む
    焼きが入る素材だとしても、焼きが入ると、硬度は増しますが、粘度は下がります。つまり、固いけど、曲がる衝撃には弱いので、割れ、折れなどは生じやすくなる。そのへんどうなんでしょう。
    お礼コメント
    noname#86802

    ありがとうございました
    投稿日時 - 2009-04-11 13:47:23
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数3
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ