総ありがとう数 累計4,330万(2014年12月21日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
noname#90329

こんばんは。
私は、高2の文系で国立か私立の難関校を志望しています…。

最近思うのが、有名なのは知ってるけれども『ネクステを使っている人がやっぱり多い!!!』ということです。

私はZ会出版の英文法・語法のトレーニング演習編というのを持っていて、まだやり始めです…。

それだけたくさんの受験生が持っていて、勉強してるものをやったこともないのが何となく不安になりました。
やっぱり、ネクステがそれだけ支持されているのは、いい問題集(?参考書?)ってことなんですよね?

(1)今のまま、英文法・語法のトレーニング演習編を使い続け、その1冊を繰り返しやり続ける。
(2)やっぱり有名どころであるネクステを買い、それを繰り返しやる。
(3)有名であるネクステをやった後、演習として英文法・語法のトレーニングをやる。
(4)英文法・語法のトレーニング演習編を持っているのだから、それの戦略編を買って繰り返しやる。

どれが正しい選択なのでしょうか…?

もし、ネクステよりも英文法・語法のトレーニングよりもお勧めのものがあれば教えてください!
本屋さんで見る参考にしたいです☆

ちなみに英語では、学校でもらったデュアルスコープも持っています。

皆さんのご意見お待ちしております。
長文・乱文ですみません。
  • 回答数5
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全5件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-03-16 00:47:43
  • 回答No.2
noname#101199

演習編は、ネクステが大体できるくらいの人が取り組む本だと思います。ネクステレベルが不十分なのであれば、ネクステからまずはしっかりとやった方が私はいいんじゃないかなと。
というのも知り合いに、演習編だけをひたすらやってる早慶専願の子がいたんですが、その子おちちゃってるんですよね。。いい参考書だとは思うんですが、演習編"だけ"というのは危険だと感じます。せっかくやりこむなら戦略編の方がいいんじゃないかなぁと思います。
私の頃の戦略編は、問題が古すぎる上に詳しく書き過ぎててちょっと私には覚え切れないと感じたのでやめました。(改訂する前の話です。私の受験が終わったころらへんに改訂してるらしいので、改訂版はよく知りません…。)

色々噂とか評価にとらわれずに、まず本屋でご自分で実際に色々見て、自分が一番気に入った本(自分のレベルに一番あった本)を選ぶといいと思います。
評価が気になるようなので、自分の気に入った本で大丈夫なのかどうかを学校の先生に聞くなり、ここで聞くなりするといいんじゃないでしょうか。自分にとってわかりやすい本がやっぱりいいですよ。

ついでに、私は『UPGRADE英文法・語法問題集』を主にやっていました。ネクステにかなり似てる参考書です。この本でも難関の私立,国立合格できました。
私の友人たちは『全解説頻出英文法・語法問題1000』、『精選英文法・語法問題演習シリウス』、『基礎英文法問題精講』とかやってる参考書が結構バラバラでしたが、皆希望の大学(早慶以上)には受かってますよ。それなりに有名所の参考書であるなら、特に問題ないと思います。

不安になってあれこれ手をつけちゃうと、定着しないうちすぐに受験が来ちゃいますから、今のうちに気に入った参考書が選べるといいですね!!受験がんばってください!!
補足コメント
noname#90329

ご丁寧な回答ありがとうございます!
両方の質問に答えてくださってうれしいです☆

納得しました!
演習編はネクステに比べ、問題集!!!って感じで間違えた問題もその横にある解説を読んで終わりなんですよね…
しかも今の私の正解率はそんなに良くないです…

教えていただいたUPGRADE英文法・語法問題集やもちろんネクステ、戦略編も含めてもう1度本屋で演習編より基礎を固められる参考書を探そうと思います★
演習編は、ネクステのようなものを使いこなせるようになり、もし余力が出てきたときや、苦手な単元の演習をしたい時などに使っていこうかと思います♪

経験談を踏まえた貴重なご意見ありがとうございました!!!
そしてまた長文で申し訳ないです…
投稿日時 - 2009-03-16 01:16:04
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全4件)

  • 2009-03-16 00:09:02
  • 回答No.1
ネクステージ使っていました。
ネクステージは入試問題とその解説を各文法事項ごとに
見開きで納得できるようになっているので非常に見やすく
理解しやすいです。
自分も英語が乏しく、伸び悩んでいましたが
問題集とネクステージを照らしあわせながら、根本的に理解する。
問題集と併用して使うといいと思います。
また、整理という欄があり、入試では外せないポイントも載せてあります。確か1300円程度で、そこまで値段の高いものでもないので
どちらか迷ってる時間があれば購入して試されてみてはどうでしょう?

ちなみに自分は目標大学へ無事合格できました。
応援してます、頑張ってください!!
補足コメント
noname#90329

いち早い回答ありがとうございます!
やっぱり理解のしやすさなどが、みんなが使ってる理由なんですね…
本屋さんで、検討して購入も考えてみようと思います★

ほかの方のご意見も参考にさせていただきたいので、回答お待ちしています…♪

elite006さん、本当にありがとうございました!!!
そして、大学合格おめでとうございます☆
投稿日時 - 2009-03-16 00:35:35
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-03-16 01:06:42
  • 回答No.3
noname#101199

連投ごめんなさい!!1個質問に答えてませんでしたので…。

ネクステはいい問題集だと思います。学校の指定参考書だから使ってるだけって人も多いみたいですが。
ネクステ系の参考書は、熟語や文法(と重要構文)、語法、語彙、発音なんかのように、重要な事項がそれなりに網羅的に載っている点がかなり便利です。そのため、難しい問題というのは無いのですが、ネクステレベルができれば入試は十分突破できるため、こういった参考書は重宝します。

解説は割と簡潔なので、合うか合わないかは人によりけりです。
(特に、文法の問題の解説がわからなければ、別途参考書で勉強する必要ありです。たとえば、わからなかった分野だけ『Forest』とか『NEW・山口英文法講義の実況中継』とか『英文法のナビゲーター』とか『仲本の英文法倶楽部』のような詳しい解説本を読んでみるとかしてみるといいと思います。)
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-03-19 01:38:09
  • 回答No.5
noname#92210

もし今使われている参考書が自分には合わない!嫌だ!ということがない限り、今のまま継続して1冊の参考書を完璧にするのがいいと思います。あの参考書もよさそう、これもよさそう、と迷っていろいろやっていると勉強に集中できず中途半端な知識のまま入試本番をむかえてしまいます。

でも入試本番までまだ時間があるので、ネクステージにも目を通してみるといいと思います。結果ネクステージがやりやすい、と思ったら変えるといいと思います。
基本は人は関係なく、私にはこれがいい!という参考書を決めたらそれを完璧になるまで何度も繰り返しつかうことだと思います。



私の場合はネクステージを使っていました。結論は十分受験に役立ちます。
まずは自分の目で見て判断してみてください。優柔不断はタブーです!
補足コメント
noname#90329

ご回答ありがとうございます♪
そうですよね!
この春休みを利用して、しっかりと自分に合った1冊を探してそれに絞ろうと思います★
役立つアドバイスありがとうございます(*^_^*)
投稿日時 - 2009-03-19 01:58:38
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-03-16 12:08:47
  • 回答No.4
こんにちは

どちらでもきちんと仕上げれば力はつくと思いますので、あとは個人の好みですね。
「トレーニング」が気に入っているならそのまま仕上げて、その段階で「ネクステージ」を立ち読みしてみてもしまだ知らないことがあればやってみてもいいのではないでしょうか。
2冊仕上げるのはたぶん無駄が多いと思います
補足コメント
noname#90329

ご回答ありがとうございます。
やっぱり自分に合ったものを選ぶべきですよね…☆
繰り返しやるのは1冊に絞ろうと思います♪
本当にありがとうございました!!!
投稿日時 - 2009-03-16 22:41:48
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • ありがとう数31
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ