-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.4707564
解決
済み

受精~着床~妊娠まで何日かかりますか?

  • 閲覧数1510974
  • ありがとう数830
  • 気になる数12
  • 回答数2
  • コメント数4

お礼率 100% (39/39)

結婚して3年目を迎えています。
妊娠希望ですが、なかなか妊娠しません。
焦りすぎなのかもしれません。
基礎体温は付けてます。
・高温期は36.6~36.8(めったに37.0までもいきません)
・低温期は36.0~36.3
排卵検査薬使用し、排卵予定日にくっきりラインがありました。
2/5 36.25 陰性
2/6 36.31 陰性
2/7 36.27 陰性(うすくラインあり)
2/8 36.24 陽性(くっきりラインあり)性交
2/9 36.1  陰性(うすくラインあり)
2/10 36.25 陰性
2/11 36.48    
私は排卵後、一気に高温期にはならず少しずつ上昇していきます。

主人も、出来たかな?と毎日のように聞いてきます。
受精し、着床、妊娠までは今の段階では判断できないと思います。
受精、着床、妊娠までのどのくらい期間がかかるのでしょうか?
また、最短でどのタイミングでわかりますか?
  • 回答数2
  • 気になる数12
OKWAVEからおすすめ!このQ&Aに役立つ情報
受精してから、着床、妊娠まではどれくらいの期間がかかる?
こんにちは。OKWaveスタッフです。
こちらの質問への回答を要約してお届けします!

回答された方は全部で2名おり、この2名の方のお声をまとめると以下の通りです。

・ 受精(0日とする)してから7~11日の期間があり、着床=妊娠する
・ 受精から約10日前後で着床、その時期に“着床痛”という痛みを感じて妊娠に気づく場合がある

回答していただいた方によりますと、受精してから着床、妊娠までは7~11日の期間を要するというのが一般的なようです。この日数は、受精してからその受精卵が卵管を通過し、子宮内に到達して子宮膜に着床するまでの期間と言われています。

また質問者様が気になっておられた「妊娠を知る最短のタイミング」については、以下の2つの方法が回答されています。
・ 通常の妊娠検査薬を、推奨の時期(生理予定日から一週間後)より前の期間に使用して陽性か否かを確かめる“フライング検査”
・ 早期発見妊娠検査薬という、生理予定日から使用できる検査薬を使う

ただし回答者様も仰っているように、この受精から着床、妊娠の期間には個人差がありますので、1、2日は前後する可能性があると考えて良いでしょう。妊娠検査を行う際は、この個人差があるというのを留意しておくと良いと思います。 更新日: 2015-09-29

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 73% (3802/5161)

こんにちは。

妊娠ご希望であれば次の知識は基本として持って居てくださいね^^。

どの方でも↓
■排卵日=受精日0日とし→7日間後~11日間後で着床=妊娠します
*早期発見妊娠検査薬なら。着床から2~4日後から反応し始めます。(フライング枠になります)
*着床期間は個人差があります。

>>また、最短でどのタイミングでわかりますか?
以下は私が着床してから反応した経験から奨められるフライング検査です。
人により、着床した事を知れて良かったと思う方、そうでも無い方に分かれますが、
私は夫婦が望んで頑張った事の結果を知るのは大切な事だと思えますので紹介させて戴きます。


これを基本で考えると、あなたの場合は
2/9排卵受精とすると
2/10.11.12.13.14.15.
16.17.18.19.=着床期間
ですので着床が早ければ(16日)、18日以降検査薬反応始める。
着床が遅ければ(19日)、21日以降反応し始める。
*検査薬はこの場合、チェックワンファスト(CheckOneFast)かクリアブルーに限る。
*なおメーカー推奨判定は生理予定日か生理予定日一週間後(50IU)である。
*その着床日範囲で、フライングで陽性が出ても、異常正常妊娠とは関係がない。
*病院でhcg注射をされてる場合は上記は無効とする。(出方はまた別です)

まず排卵受精日を0日として9日目で第一次検査(フライング)を
チェックワンファスト(CheckOneFast)かクリアブルーでして見ましょう。
どちらも尿を掛けてから1時間内は凝視していてくださいね。
*クリアブルーは結果が残らない場合がありますし、本来残る物ではありません。残る場合もあります。
*チェックワンファスト(CheckOneFast)は残るように造られて居ます。

これで薄陽性ならば着床が7日目頃にされております。
2~3日ごとに、同じ検査薬で検査して濃くなって行けばいいです。
毎日されて昨日と比べても意味無し。

陰性ならば、着床した日か着床はまだと考えて、日をずらして検査しましょう。
最長で着床11日目と考えて、13日目で何も反応が無ければ妊娠はされていません。
*この検査はチェックワンファスト(CheckOneFast)かクリアブルーに限り、他の検査薬であれば反応はまた違う物とします。

■まとめ フライング検査の極意
*着床期間が個人差ある事を理解し、それがいつされるかは自分ではわからないこと
*かならずチェックワンファスト(CheckOneFast)かクリアブルーで行なう事。
*尿を掛けてから反応が無くても直ぐに捨てない!最低1時間は凝視の事。
*クリアブルーは結果が残らない物もあります。尿を掛けて5分以内で判定する事。
*陽性感知しても毎日検査されてもいいですが、比べるのは2~3日前の結果と比べる事!
絶対に昨日のと比べてナ~バスにならない事。

以上ですが、解かります?
お礼コメント
doronjyo30

お礼率 100% (39/39)

ご回答ありがとうございます。
着床は知っておきたかったので詳しくわかりやすい
説明本当にありがとうございます。
早速検査(フライング)からしてみたいと思います。
投稿日時 - 2009-02-16 12:42:52
  • ありがとう数44
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 28% (97/338)

あくまで俗説ですが、妊娠を望んで計画を立てている方で、高温期(着床時期)に子宮に痛みを感じる方がいます。着床時期の痛みは着床痛と言われ、妊娠の合図という説があります。 残念ながら医学的に立証はされていなく、そんなものはない!といわれがちで俗説となっていますが、実際に排卵日を計り、ピンポイントで性行為を行い、排卵後着床するまでの日数を数えてそこで痛みを感じた方や、体外受精を行い、着床したときに痛みを覚 ...続きを読む
あくまで俗説ですが、妊娠を望んで計画を立てている方で、高温期(着床時期)に子宮に痛みを感じる方がいます。着床時期の痛みは着床痛と言われ、妊娠の合図という説があります。

残念ながら医学的に立証はされていなく、そんなものはない!といわれがちで俗説となっていますが、実際に排卵日を計り、ピンポイントで性行為を行い、排卵後着床するまでの日数を数えてそこで痛みを感じた方や、体外受精を行い、着床したときに痛みを覚えた方など、着床痛を経験した方も大勢います。着床痛は生理痛と似ていると言われ、性交痛や卵管・子宮の充血と間違われることもありますが、受精卵の着床(妊娠)により、卵巣から出されるホルモンのために痛みが起こるのだということも言われています。

俗説にしては体験者が多く、着床時期にそれっぽい痛みを感じた方は、まず着床痛を疑うようです。信じすぎるのもよくありませんが、排卵日から10日前後に痛みを感じることがあったら、着床痛かも?と検査をしてみてもいいでしょう。それが着床痛であったにせよ違ったにせよ、もし妊娠していたなら早めに知っておいて悪いことはありません。着床痛とともに、着床出血などもありますが、少量の出血と腹部左右どちらかの痛みやあまりに強い痛みが続くようでしたら子宮外妊娠の恐れもありますので、早めに受診をするようにしましょう。
お礼コメント
doronjyo30

お礼率 100% (39/39)

ご回答ありがとうございます。
着床痛ですか・・・初めて耳にしました。
知っておいた方が焦りもないですね。
投稿日時 - 2009-02-16 12:47:22
  • ありがとう数33
  • 回答数2
  • 気になる数12
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
    • 2015-08-19 12:51:37
    • コメントNo.4

    妊娠を望むご夫婦は、こんな風に丁寧・緻密にやっていくのですね。もし、子どもさんが生まれたとしたら本当に大切に思って育てられるご夫婦になるのではないかと思いました。

    • 2015-08-18 13:19:28
    • コメントNo.3

    男はこういう知識にはうといのですが、最低限は知っておかないといけないですよね。やたらくわしすぎる男も気持ち悪いですが

    • 2015-08-13 15:31:40
    • コメントNo.2

    ベストアンサーかなり詳細にかかれていますね。わかりやすい。そういった知識はなかったので、勉強になりました。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ