-PR-
解決
済み

姿勢の観点からのあぐらと正座の比較

  • 暇なときにでも
  • 質問No.46018
  • 閲覧数2016
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

座っている状態で姿勢を伸ばすにはあぐらより正座の方が良いとテレビで紹介していましたが、
これはなぜ何のでしょうか?
正座をすると姿勢が伸る理由を教えてください。
詳しい方お願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 66% (4/6)

あぐらも正座も正しく背骨が伸びれば問題がありません。座禅の姿勢もあぐらです。長時間同じ姿勢を取れるという意味では『あぐら』のほうが健康に良いと思います。正座は足の痺れという不健康が発生します。
 姿勢で重要なのは下腹部が凹み、胸部が凸になればほとんど問題がありません。
あぐらをしても下腹部が凹めば良い姿勢で腰が伸びます。体重の重心の点を太ももの中央に置けば、腰に痛みなどを起こしません。テレビの意見がいつも正しいとは限りません。私は座る時は正しいあぐらを薦めます。
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。最近はどうも姿勢が悪くなってきているんですが、
何とか胸を張るよう努力してみたいと思います。
投稿日時 - 2001-04-02 18:19:55
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 19% (21/108)

panchoさんに付けたしです。 あぐらは背中が丸くなるというところまでは同じです。 これは、内臓を圧迫する姿勢なのです。内臓は圧迫されると、当然、働きが悪くなります。 もう一つ。 人間の背骨は、直立二足歩行をするようになった時から、頭の重さを支えるために、都合のよいようにバランスをとってきました。 あぐらによって背中が丸くなると、重い頭を支えるために、肩や背中の筋肉が疲労します。 つまり、直 ...続きを読む
panchoさんに付けたしです。
あぐらは背中が丸くなるというところまでは同じです。
これは、内臓を圧迫する姿勢なのです。内臓は圧迫されると、当然、働きが悪くなります。
もう一つ。
人間の背骨は、直立二足歩行をするようになった時から、頭の重さを支えるために、都合のよいようにバランスをとってきました。
あぐらによって背中が丸くなると、重い頭を支えるために、肩や背中の筋肉が疲労します。
つまり、直立している時と同じ背骨の形を保つことがよい姿勢と言えます。
それは、正座なのです。

これでわかっていただけるかな?
補足コメント
noname#2813

ありがとうございます。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-03-05 19:31:39


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 35% (302/848)

専門家ではないので、想像でお答えします。 単純に腰と膝の位置関係では無いかと思います。 正座に比べあぐらの場合、腰(お尻)が床に着いているので、もも(太もも)が膝上がりとなっていて、体の重心を保つためには前屈みとなり、背中が丸くなってしまいます。この「背中がまるまる」ことが、姿勢が悪いこととされ、逆に正座の方が良いと紹介されたのではないでしょうか? 以上。
専門家ではないので、想像でお答えします。

単純に腰と膝の位置関係では無いかと思います。
正座に比べあぐらの場合、腰(お尻)が床に着いているので、もも(太もも)が膝上がりとなっていて、体の重心を保つためには前屈みとなり、背中が丸くなってしまいます。この「背中がまるまる」ことが、姿勢が悪いこととされ、逆に正座の方が良いと紹介されたのではないでしょうか?

以上。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ