-PR-
締切り
済み

ストレートケーブルとクロスケーブル

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4349
  • 閲覧数417
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 1% (4/314)

ストレートケーブルとクロスケーブルの違いを教えてください。
どのような接続時にどちらのケーブルを使用するか、など初心者でもわかるように説明してください。宜しく御願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 35% (27/77)

これらのケーブルがどんなものかなー??というのは、下記URLを参照して下さい。 会社でLANにつなぐ時、いきなりケーブルとコネクタを渡されて、作ったことがあります。 ソフトはともかく、ハードはさっぱり??の私は、戸惑った記憶があります(^_^;) どんな時に使用するかというと、コンピュータと周辺機器をつなぐ時やコンピュータ同士を接続する時に使います。 違いは、両端が違う種類の機器の時にスト ...続きを読む
これらのケーブルがどんなものかなー??というのは、下記URLを参照して下さい。

会社でLANにつなぐ時、いきなりケーブルとコネクタを渡されて、作ったことがあります。
ソフトはともかく、ハードはさっぱり??の私は、戸惑った記憶があります(^_^;)

どんな時に使用するかというと、コンピュータと周辺機器をつなぐ時やコンピュータ同士を接続する時に使います。
違いは、両端が違う種類の機器の時にストレート、同じ種類の機器の時にクロスを用います。

こんな感じでどうでしょう??
間違いがございましたら、ご指摘ください。お願します。

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 31% (16/51)

ストレートケーブルは、ケーブルの結線が全て同じものをいい、 クロスケーブルは、送信に使う線と受信に使う線が入れ替わっているものいいます。 PCとHUBを繋ぐ場合などは、ストレートケーブルを使い、 PC同士を直接繋ぐ場合は、クロスケーブルを使います。 具体的には、10/100BASEのケーブルの4芯の規格の場合、 ピン1 TX+(送信用) ピン2 TX-(送信用) ピン3 RX+(受信用) ...続きを読む
ストレートケーブルは、ケーブルの結線が全て同じものをいい、
クロスケーブルは、送信に使う線と受信に使う線が入れ替わっているものいいます。
PCとHUBを繋ぐ場合などは、ストレートケーブルを使い、
PC同士を直接繋ぐ場合は、クロスケーブルを使います。
具体的には、10/100BASEのケーブルの4芯の規格の場合、
ピン1 TX+(送信用)
ピン2 TX-(送信用)
ピン3 RX+(受信用)
ピン6 RX-(受信用)
となっているので、
ストレートの場合は、
ピン1 -------- ピン1
ピン2 -------- ピン2
ピン3 -------- ピン3
ピン6 -------- ピン6
クロスの場合は、
ピン1 -------- ピン3
ピン2 -------- ピン6
ピン3 -------- ピン1
ピン6 -------- ピン2
となります。

PC同士を直接繋ぐ場合、
ピン1,2を使って送信したデータを、
ピン3,6を使って受信するので、クロスケーブルが必要になります。

以上、何か参考になれば幸いです。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 44% (13/29)

<基本> イーサネットのポート(ケーブルの差し口)にはピンが8つあり、その内4つが使用されています(残りは未使用)。このポートをMDI(media depend interface)と言います。 ピン1;送信(+) ピン2;送信(-) ピン3;受信(+) ピン4;未使用 ピン5;未使用 ピン6;受信(-) ピン7;未使用 ピン8;未使用 送信側はピン1,2を使用して ...続きを読む
<基本>
イーサネットのポート(ケーブルの差し口)にはピンが8つあり、その内4つが使用されています(残りは未使用)。このポートをMDI(media depend interface)と言います。
ピン1;送信(+)
ピン2;送信(-)
ピン3;受信(+)
ピン4;未使用
ピン5;未使用
ピン6;受信(-)
ピン7;未使用
ピン8;未使用
送信側はピン1,2を使用してデータを送信し、受信側はピン3,6を使用してデータを受信します。
<PC同士の接続>
PC同士の接続はMDIポート同士の接続なので、上記のように接続する為には、ケーブル内の線が交差、つまりクロスしている必要があります。
よって、PC同士の接続にはクロスケーブルを使用します。
ピン1<--->ピン3
ピン2<--->ピン6
ピン3<--->ピン1
ピン6<--->ピン3
<PCとハブの接続>
ハブのポートの多くは内部で送信と受信を交差させたMDI-Xポートです。
このMDI-XポートとPCのMDIポートを接続するには、ストレートケーブルを使用します。
ピン1<--->ピン1(-->受信+へ)
ピン2<--->ピン2(-->受信-へ)
ピン3<--->ピン3(-->送信+へ)
ピン6<--->ピン6(-->送信-へ)
<ハブ同士>
多くのハブは、MDI-XポートとMDIポートのどちらかにスイッチで切り替えることのできるポートを持っています(たいてい1つ)。これは、ハブ同士の接続の為です。
どちらか一方のハブをMDIポートに切り替え、もう一方のハブのMDI-Xポートへストレートケーブルで接続します。
MDI-Xポート同士を接続するためには、クロスケーブルが必要です。
<まとめ>
(ストレートケーブル使用)
MDI<--->MDI-X
(クロスケーブル使用)
MDI<--->MDI
MDI-X<--->MDI-X

基本的にPC同士の接続以外MDI<--->MDI-X接続になる為、ストレートケーブルが使用されるケースが多いと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ