-PR-
katiekatie

翻訳ツールのbabylonをインストールしましたら、勝手にbabylonのツールバーを入れられました。

コントロールパネル→プログラムの削除→babylon でbabylonを削除しても、ツールバーはそのまま残ります。

ユーザーがすでに削除を選んだにも関わらず、ソフトの一部をそのままユーザーのPCに居残りし続けるなんて、この行為自体がこのソフトの安全性を疑わせます。

その後、試しに再度babylonをホームページからインストールしました。初回のインストールと違って、ほぼファイルのダウンロードなしに、そのままのソフトの起動となりました。これは、すでに「コントロールパネル→プログラムの削除→babylon」でbabylonを削除したにも関わらず、babylonがそのままPCに居残していたことを意味します。windowsの削除プログラムを意識的に避けていたでしょうね。

このソフトはとても使いやすいですが、信頼性には欠けていると思います。

やはりスパイウェアでしょうか。

完全にPCから削除する方法はないでしょうか。

教えていただけたら幸いです。
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全5件)

    回答 (全5件)

    • 2012-09-08 19:08:39
    • 回答No.4
    noname#182988

    僕もさっき寄生されました。  これじゃバビロンがもしよくたって、きにくわないです。 「バビロンとかいう検索エンジンくそうぜえwwwwwwww」 というサイトに大体載ってますよ。 http://www.2ch-search.net/thread/hayabusa/news4vip/1338745713/ ここに書いてありますからって言うのは、もうなんかそっち側の言い訳のような気がします。 ...続きを読む
    僕もさっき寄生されました。 

    これじゃバビロンがもしよくたって、きにくわないです。


    「バビロンとかいう検索エンジンくそうぜえwwwwwwww」


    というサイトに大体載ってますよ。
    http://www.2ch-search.net/thread/hayabusa/news4vip/1338745713/



    ここに書いてありますからって言うのは、もうなんかそっち側の言い訳のような気がします。


    あれは間違いなく性質が悪いです。グレーゾーンという認識です。


    もう解決されているようですが、一応張っておきます。
    • ありがとう数0
    • 2013-11-07 17:09:41
    • 回答No.5
    noname#186221

    自分も同じようになかなか削除できずに困惑致しました。 勝手に設定されてしまうようなツールは信用ができないので削除することにしました。 自分はカスタマーセンターに頼んでみたらすぐに削除していただけました。 こういうソウトが存在するのは嫌ですよね・・・
    自分も同じようになかなか削除できずに困惑致しました。
    勝手に設定されてしまうようなツールは信用ができないので削除することにしました。
    自分はカスタマーセンターに頼んでみたらすぐに削除していただけました。
    こういうソウトが存在するのは嫌ですよね・・・
    • ありがとう数0
    • 2008-09-21 16:59:13
    • 回答No.1
    noname#79459

    >完全にPCから削除する方法はないでしょうか。 プログラムの追加と削除にない場合、 C:Program files\babylonツールバーの中に アンインストール実行ファイルがある筈。 尚、babylonの残骸が残っている筈なので、 検索で「babylon」関連フォルダ・ファイルを削除。 ...続きを読む
    >完全にPCから削除する方法はないでしょうか。

    プログラムの追加と削除にない場合、
    C:Program files\babylonツールバーの中に
    アンインストール実行ファイルがある筈。

    尚、babylonの残骸が残っている筈なので、
    検索で「babylon」関連フォルダ・ファイルを削除。
    お礼コメント
    ご回答を有難うございます。

    運よく無事削除しました。

    これからソフトをインストールする時には、気をつけます。

    本当に大変でした。
    投稿日時 - 2008-09-22 03:56:46
    • ありがとう数0
    • 2012-07-17 23:08:29
    • 回答No.3
    noname#158832

    基本的にプログラムはインストールする時にまず解凍します、そのダウンロードファイルの解凍先(指定できる場合がほとんどです)に保存されます。インストールスタートすればその解凍ファイルを実行する訳です。=>インストールされます。全てがそうではないですけどね、普通そうです。 スパイウエアか?聞かれてもこちらでは判断が出来ません。 完全に削除できたなら一先ず良かったですね?
    基本的にプログラムはインストールする時にまず解凍します、そのダウンロードファイルの解凍先(指定できる場合がほとんどです)に保存されます。インストールスタートすればその解凍ファイルを実行する訳です。=>インストールされます。全てがそうではないですけどね、普通そうです。

    スパイウエアか?聞かれてもこちらでは判断が出来ません。
    完全に削除できたなら一先ず良かったですね?
    • ありがとう数0
    • 2008-09-22 01:30:16
    • 回答No.2
    http://www.babylon.com/display.php?id=185&tree=6&level=4#24 Babylon toolbarはBabylon本体とは別に、単体で『プログラムの追加と削除』からアンインストール可能だ、と書かれています。私自身は未検証ですが…まずは提供元のサポート情報通りの作業をやってみてください。 古いバージョンには確かにスパイウェア疑惑 ...続きを読む
    http://www.babylon.com/display.php?id=185&tree=6&level=4#24

    Babylon toolbarはBabylon本体とは別に、単体で『プログラムの追加と削除』からアンインストール可能だ、と書かれています。私自身は未検証ですが…まずは提供元のサポート情報通りの作業をやってみてください。

    古いバージョンには確かにスパイウェア疑惑がありましたが…現行バージョンではそういう話を聞いたことはありません。もし、以前のBabylonのことを小耳に挟んでいたとしたら…何故にインストールする際に表示される筈のEULA(使用許諾契約書)をもっときちんと確認されなかったのでしょうか?

    http://e-words.jp/w/EULA.html

    使用許諾契約書をきちんと確認する、ということはあらゆるアプリケーションソフトの使用を開始する際に重要なこととなります。もちろんそこに書かれている内容が虚偽である可能性も全くないとは言えませんが…実はそこに書かれている内容に既に、今利用者が直面している件に関する条項が存在していたという実例は、枚挙に暇がないのです。

    そうした確認を疎かにした上で、このソフトは疑わしい…と悩んでしまうのは正直どうかと思うのですが。

    もし使用許諾契約書にそうした点に関して触れた条項がないとしても、公式サイト上には何らかの記述があってしかるべきでしょうし、Googleなどで最新の関連情報を広く集めて総合的な判断をすれば、導入前にいろいろと分かったこともある筈です。

    例えばの話…以前のノートン製品は、製品本体をアンインストールしてもSymEventなどの関連アプリケーションが『プログラムの追加と削除』に残り続けるような仕様になってました。それでも、ノートン製品がスパイウェアのような危険な製品であるという考えに至る可能性はあまりないでしょう。少なくとも私は、そうなりませんでした。

    現行のBabylonについても、これと同じように考えることはどうしても無理でしょうか…?『前科ものだから疑われても当然だ』としか考えられないのなら、最早申し上げることもありませんけれども。。
    • ありがとう数0
    • 回答数5
    • 気になる数0
    • ありがとう数123
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ