-PR-
解決
済み

生命保険料は遺産ですか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.43041
  • 閲覧数161
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 25% (3/12)

借金だらけの父が危篤です。負の遺産が多いので相続放棄しようと考えていますが,手続きはどのようにすればよいのですか?
また,生命保険は遺産にあたるのですか。それによってプラスのほうが多くなるかもしれません。教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

相続放棄に関する手続きは「相続を放棄する人」が「被相続人が死亡した住所地の家庭裁判所」に相続開始日の3カ月以内に申し立てを行う必要があるようです。生命保険金は相続税法上は「相続財産」という扱いになります。(詳細は参考URLにて)
生命保険金は第三者のためにする保険契約のため(民法537条)なので相続とは異なります。但し、相続税法上は相続財産となり、課税対象になります...
つまり相続放棄をして生命保険金を受け取るといったことも可能なわけです...
お礼コメント
taka_t_001

お礼率 25% (3/12)

早速のアドバイスありがとうございました。結局父が他界したため,しばらくパソコンをいじっていなかったのでお礼が送れました。申し訳ありません。
投稿日時 - 2001-02-28 02:16:01
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

この問題について、下記に弁護士の先生が丁寧に説明しています。 ...続きを読む
この問題について、下記に弁護士の先生が丁寧に説明しています。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 48% (448/920)

churaさんが書いておられるとおり、生命保険金は相続財産にはなりません。 ただし、それは保険金の受取人が相続人である場合です。 この場合は、被相続人の遺産ではなく、生命保険会社が第三者である相続人に支払う契約金ということになるからです。 したがって、受取人が被相続人自身であるときは、死亡とともに被相続人の財産となりますから遺産になることになります。 法律上は以上のとおりですが、遺産分割に ...続きを読む
churaさんが書いておられるとおり、生命保険金は相続財産にはなりません。
ただし、それは保険金の受取人が相続人である場合です。
この場合は、被相続人の遺産ではなく、生命保険会社が第三者である相続人に支払う契約金ということになるからです。

したがって、受取人が被相続人自身であるときは、死亡とともに被相続人の財産となりますから遺産になることになります。

法律上は以上のとおりですが、遺産分割に際しては、相続人の話合いですから、他の相続財産と合わせて分割を考えるということが一般的です。

なお、相続税法では、遺産として扱われています。ただし、相続人一人当たり500万円の基礎控除があります。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 23% (49/212)

生命保険は「みなし財産」であって、「遺産」ではありません。 契約者、被保険者、受取人。全てお父様の場合は、結果「遺産」になります。 受取人が誰であるかによって、「相続」になるか「贈与」になるか、変わってきます。 例えば、お父様が契約、被保険者。受取人が相続人。その場合は相続です。 受け取りが、相続人以外の場合は、贈与になりますよ。
生命保険は「みなし財産」であって、「遺産」ではありません。
契約者、被保険者、受取人。全てお父様の場合は、結果「遺産」になります。
受取人が誰であるかによって、「相続」になるか「贈与」になるか、変わってきます。
例えば、お父様が契約、被保険者。受取人が相続人。その場合は相続です。
受け取りが、相続人以外の場合は、贈与になりますよ。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ