-PR-
HARUTIKUN

ソフトバンクは、日本生まれの朝鮮系の、孫 正義 という方が創業しています。
韓国のことばで、「犬の子供」とは、ヒドイ蔑称であると聞きました。
するとこの設定の背後には、孫社長の、日本人への軽蔑の念を具現化したものがあるのではないのでしょうか。
もしこれが本当ならば、私もソフトバンクを解約しようと思います。。
この件に詳しい方おられませんか。
また、同じうわさを聞いたという方でも結構です。
どうかご回答をお願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数1
  • Aみんなの回答(全2件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2008-07-27 12:35:22
    • 回答No.1
    そのとおりです。噂というより半ば公然の事実となっています。日本人への軽蔑の念を抽象化したということですが、
    その視点をもっと深い所から鑑みてみたいと思います。
    大袈裟に感じるかもしれませんが、元来softbankは日本の金融資産流出の足かせとしようと試みた米財務省と
    ロックフェラーの末端家来のサマーズ元財務長官により送り込まれてきた企業です。
    総務省に圧力をかけ日本の電波にクラッキングしてきたのです。つまり孫のバックにはサマーズがいるのです。
    だから逆らえない。それにTVのCMで電通と組みメディアにバンバン金を流すからもう切れなくなったのです。
    チョンコ{北韓}にしてみれば、手先的(プアー)扱いが気に入らない、それにもtもと日本を陥れようとしてる民族
    ですからああいう形になったのです。
    従っていくらsoftbankが売れても日本の利益にはなりません。
    ただしこれは氷山の一角ですから。

    質問者さまのような視角をもたかたが、今後増えていくことを願います
    お礼コメント
    なるほど。
    やはり、日本人なら、ドコモにすべきか。
    ロックフェラーは、ユダヤ系財閥ですよね。
    アメリカのATT(ユダヤ系)が、日本の電波産業を狙っているといううわさを聞いたことがありますが、それが、尖兵である可能性があるようですね。
    優秀な日系企業も、日本の学力低下で、理系分野の人材が不足している。教育改革をせず、ぼやぼやしていたら、気づいたとき、日本の技術力が育たなくなり、外資に席巻される日も考えなくてはなりません。
    教育者も、文部科学省も、もっと真剣に「理系大国日本」を復活させなくてはなりません。

    お返事ありがとうございました。
    投稿日時 - 2008-07-27 12:51:40
    • ありがとう数1

    その他の回答 (全1件)

    • 2008-07-28 13:51:14
    • 回答No.2
    ソフトバンクを解約してドコモにしましょう。 母親が韓国人でその事をきいたのですが、隠すように教えてくれませんでした。 ...続きを読む
    ソフトバンクを解約してドコモにしましょう。

    母親が韓国人でその事をきいたのですが、隠すように教えてくれませんでした。
    お礼コメント
    ありがとうございます。
    こんな陰湿なことが公然と行われて、本当に何を考えているのか。
    いろいろ調べたら、ソフトバンクは在日朝鮮人の特権として、日本人よりはるかに安い料金設定だそうです。
    つまり、私たち日本人が彼らの電話料金を払っているということです。
    信じられません。
    残った分割金が多いので、すぐの解約はできませんが、準備出来次第、すぐにドコモに変えます。

    ありがとうございます。
    投稿日時 - 2008-07-29 01:12:25
    • ありがとう数1
    • 回答数2
    • 気になる数1
    • ありがとう数296
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    関連するQ&A

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ