総ありがとう数 累計4,281万(2014年10月21日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
daisuke_dm

「お久しぶり」なら「long time no seen」などと言えばいいと分かるのですが、
いわゆる「お、昨日ぶり」的な表現は英語でなんというのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
  • 回答数7
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全7件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2008-07-09 10:41:13
  • 回答No.6
こんにちは。昨年の5/17のご質問ではご丁寧なお礼のお返事を有難うございました。

ご質問:
<いわゆる「お、昨日ぶり」的な表現は英語でなんというのでしょうか?>

1.ご質問にあるlong time no seeを変形させて以下のように使えます。
例:
Since yesterday no see
No see since yesterday
(直訳)「昨日から会ってないね」

2.「会ってない」=「不在」の意味を使うこともできます。
例:
Long absence since yesterday
(直訳)「昨日から随分ご無沙汰だったね」

3.感情を込めるなら、上記に感嘆詞を使って表せます。
例:
How long absence since yesterday
(直訳)「昨日からなんと随分ご無沙汰だったこと!」

すべてジョークの感覚を交えた英文です。
以上ご参考までに。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全6件)

  • 2008-07-08 10:05:39
  • 回答No.3
英語で何というのかは分かりませんが、「昨日ぶり」という日本語は存在しないと思います。

「一日ぶり」あるいは「昨日以来初めて」が正しい日本語だと思います。
お礼コメント
正式にはオカシイことはわかっているのですが、身内でよくつかうもので。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-07-08 11:31:50
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-07-09 10:44:22
  • 回答No.7
No.6です。タイプミスがあります。

最後のHowはWhatにして不定冠詞をつけて下さい。名詞にかかるので。
(O)What a long absence since yesterday!

失礼しました。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-07-08 09:34:23
  • 回答No.1
fter an interval of a day, after a day of separation

(参考)
昨日ぶり  yesterday’s yellowtail
お礼コメント
なるほど、ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-07-08 11:31:34
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-07-08 09:35:33
  • 回答No.2
after an interval of a day, after a day of separation

(参考)
昨日ぶり  yesterday’s yellowtail
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-07-08 11:30:22
  • 回答No.4
noname#125540

翌日会って「1日ぶりだね」と言うことは普通はないでしょうから(日本語でも)、Hello, how are you? とか、Hi, what's up? とか、その手の普通の挨拶なんじゃないでしょうか。

そういう意味でなくてですか?
お礼コメント
昨日あったばっかりだね。またあったね。みたいなニュアンスのコトバを知りたく思います。

質問が稚拙で恐縮です。
投稿日時 - 2008-07-08 11:32:54
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
6件中 1~5件目を表示
  • 回答数7
  • 気になる数0
  • ありがとう数0
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ