-PR-
解決
済み

青代申告の特別控除について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.41239
  • 閲覧数66
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 68% (11/16)

税務署から送られてきた青色申告の手続き書類の中に「青色申告決算書(一般用)の書きかた」というのがあり、読んでみたのですが、疑問点がありましたのでご質問させていただきました。

疑問点というのは、青色申告特別控除の説明の個所に現金主義を選択している人は55万円の特別控除を受けられないと言う記述です。この現金主義というのはどういうことをいうのでしょうか?

ご教授よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

通常は、品物を掛で売っても現金が入らなくても、其の時に売上を計上しますよね。そして、売掛金を管理していきます。
これを「発生主義」と言います。

ところが、個人経営の場合、簿記の知識がないとこの方法で経理処理をするのに手間がかかります。
そこで、便宜的な方法で、掛で売った時には何も処理をしないで、其の代金が回収された時に売上計上の処理をする方法が認められています。この方法を「現金主義」と呼びます。
お礼コメント
hasimoto

お礼率 68% (11/16)

発生主義で処理された帳簿の方がより現実の取引に則しているということなんですね。大変参考になりました。ご回答感謝いたします。
投稿日時 - 2001-02-20 04:06:44
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 39% (75/192)

前答を補足します。収入についてだけでなく、支出についても同様で支払ったときに売上原価や経費となります。掛売や掛け仕入の多い業種には不向きですし、年によって変動する可能性があるので零細な規模を除いてはお勧めできません。 ...続きを読む
前答を補足します。収入についてだけでなく、支出についても同様で支払ったときに売上原価や経費となります。掛売や掛け仕入の多い業種には不向きですし、年によって変動する可能性があるので零細な規模を除いてはお勧めできません。
お礼コメント
hasimoto

お礼率 68% (11/16)

やはり帳簿は発生主義で処理した方がいいのですね。控除の額が大きいのにも納得しました。ご回答有難うございました。
投稿日時 - 2001-02-20 04:10:10


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ