-PR-
締切り
済み

正しいまたは効果的日光浴

  • 暇なときにでも
  • 質問No.40909
  • 閲覧数1505
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

冬は日光に当たる機会が少ないせいか
意識的日光浴することが大切なようですが、
皮膚を直接日光に当てるためには直接肌を露出させないとだめなのでしょうか?(寒いですよね。)
服を着たままで効果はあるのでしょうか?
またはできるだけ寒くならないような効果的日光浴があったら教え
てください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 54% (1069/1958)

日光浴でビタミンDを体内合成できるといわれてきましたが、最近は、食生活の変化によって、重視されなくなっているようです。むしろ、紫外線の人体への害が問題になっていますよ。 ご参考に、 http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arusigaisen/sigaisen1.htm ...続きを読む
日光浴でビタミンDを体内合成できるといわれてきましたが、最近は、食生活の変化によって、重視されなくなっているようです。むしろ、紫外線の人体への害が問題になっていますよ。

ご参考に、
http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arusigaisen/sigaisen1.htm
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-02-21 19:36:10


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 31% (29/92)

 日光浴によってビタミンDを合成する。ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるため、骨や歯の発育を促す。緯度の高い地域では、日照時間が短いため、ビタミンDを合成することができず、ビタミンD欠乏症、いわゆる、くる病になりやすい。という話だと思うのですが、これは、かなり昔の話です。現在では、日光浴に頼らなくても、効果的にビタミンD、カルシウムを摂取することが可能になりました。むしろ、現在では、telescope ...続きを読む
 日光浴によってビタミンDを合成する。ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けるため、骨や歯の発育を促す。緯度の高い地域では、日照時間が短いため、ビタミンDを合成することができず、ビタミンD欠乏症、いわゆる、くる病になりやすい。という話だと思うのですが、これは、かなり昔の話です。現在では、日光浴に頼らなくても、効果的にビタミンD、カルシウムを摂取することが可能になりました。むしろ、現在では、telescopeさんのご指摘通り、紫外線の人体への影響が問題視され、日焼けのし過ぎはよくないようです。
 日本に住んでいる限りでは、くる病予防のために意識して日光浴をする必要はないと思います。また、紫外線は、服(特に白いもの)を着ていても皮膚にとどきます。ガラスもすり抜けます。ですから、もし、冬に日光浴したければ、家の中で、ガラス窓越しの光で日光浴するのが良いかも。
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。
そういえば最近は日光浴という言葉はあまり聞かなくなった気がします。
そういう事情があったとは勉強になります
投稿日時 - 2001-02-21 19:44:05
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ