OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

木酢液の害虫駆除効果

  • 暇なときにでも
  • 質問No.4075
  • 閲覧数20738
  • ありがとう数18
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 38% (63/163)

 こんにちは。
 最近、ガーデニングで、木酢液がよく利用されているようです。
 そこで、木酢液が、ガーデニングの何に有効なのか、ご存知のかた、よろしくご教授お願いいたします。
 たとえば、葉ダニを退治してくれるとか、植物の発育促進に有効だったとか、毛虫が減ったとか、などを教えていただけないでしょうか。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

まず、殺菌力はかなり強いことが言えます。熱帯地方の焼畑農法では森林を焼き払って畑地を作り出すと同時に木酢液によって土壌殺菌をしているのです。
次に殺虫ですが、線虫などの駆除は勿論、いろいろな虫の駆除ができます。木酢液を住宅建材に付けることにより、白アリやゴキブリを防ぐことができることも知られています。
ただし、液性は酸性ですので、植物の種類によっては発育に影響がでるかも知れません。
その場合、炭をもちいてもある程度の効果が期待できるので、そちらをお勧めします。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

殺菌作用があるということが一般的に言われています。 そのためいろいろなかび系統の病気にかかりにくくなるようです。 また殺菌剤と違って副作用がない(?、少ない)様です。
殺菌作用があるということが一般的に言われています。
そのためいろいろなかび系統の病気にかかりにくくなるようです。
また殺菌剤と違って副作用がない(?、少ない)様です。


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 35% (27/77)

実際に試した事がないので。うわさですが・・・ まず、ハダニやアブラムシに利くそうです。どれくらい薄めるかは、さだかではないのですが、薄めてスプレーボトルに入れて、ハダニやアブラムシめがけて発射!!・・・と言うわけらしいです。 予防にもなるらしいです。 参考URLでは、直接かけるのは良くないようで、相当薄めて周りにかけるようですね。 私は、ベランダでトマトとなすとパプリカを育てています。 ...続きを読む
実際に試した事がないので。うわさですが・・・

まず、ハダニやアブラムシに利くそうです。どれくらい薄めるかは、さだかではないのですが、薄めてスプレーボトルに入れて、ハダニやアブラムシめがけて発射!!・・・と言うわけらしいです。
予防にもなるらしいです。
参考URLでは、直接かけるのは良くないようで、相当薄めて周りにかけるようですね。

私は、ベランダでトマトとなすとパプリカを育てています。
パプリカは今年初挑戦ですが、昨年はトマトとなすがハダニとアブラムシにやられました。牛乳とかも利くらしいので、今年は試してみようと思ってます。
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/1)

おっしゃる通り、害虫に効果あり、発育に効果ありです、しかし、濃度に気をつけないと かれる恐れも! ...続きを読む
おっしゃる通り、害虫に効果あり、発育に効果ありです、しかし、濃度に気をつけないと
かれる恐れも!
補足コメント
mishida

お礼率 38% (63/163)

 mishidaです。
 皆様ありがとうございます。
 先日購入したのですが、原液や希釈済みのものなどいろいろ販売されています。
 においが結構あるのですね。このにおいで気の弱い生き物(?)は、逃げてしまうような気がします。
 まずは、お礼まで。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 50% (27/54)

最近このページを見たので遅ればせながら回答します。 結論から言うとあまり有用ではありません。だから、昔からあったものなのに歴史的には害虫対策としてはほとんど使われていなかったのです。 木酢液には精製の度合いによってさまざまなものがあり、多くの場合ホルムアルデヒトなどの物質も入っています。もともと自然物の中にはさまざまな化学物質が含まれるものであって、よほど目的と一致した使い方でないととんでもないことに ...続きを読む
最近このページを見たので遅ればせながら回答します。
結論から言うとあまり有用ではありません。だから、昔からあったものなのに歴史的には害虫対策としてはほとんど使われていなかったのです。
木酢液には精製の度合いによってさまざまなものがあり、多くの場合ホルムアルデヒトなどの物質も入っています。もともと自然物の中にはさまざまな化学物質が含まれるものであって、よほど目的と一致した使い方でないととんでもないことになります。
回答者の中にはシロアリにも効くという意見の人がいましたが、シロアリにはまったく効きません。効くという根拠は自然のシロアリでなく、蟻道から分離された裸のシロアリに散布した実験を根拠にしているものであって、蟻道と一体化した自然のシロアリは容易に通過し、あるいはかじったりします。
植物の害虫対策としては、対象となる虫を特定したうえで、それにあった方法を考えるべきで、やみくもに虫が出たから何かで「消毒」という感覚は間違いです。
ハダニやアブラムシなど細かな虫への古くからの対処法としては、タバコの吸殻を水に浸した液で十分効果はあるし、このほうが木酢液よりずっと安全です。
とかく日本人は一つの流れができるとそれに乗っかってしまう傾向があり、今流行りの炭とかヒバ油などほとんど根拠もなく重宝がられているのですが、虫を全面排除したり大量散布したりする思想からは脱け出ていないようです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ