-PR-
atmakochi

ダクト風量の計算方法を教えて下さい。
ダクト直径が300mm、管内風速が9m/sです。

風量単位はm3/min と m3/h の両方で知りたいです。
単位換算がいまいちわかりません。
教えていただけませんか?
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    回答 (全3件)

    • 2008-06-03 11:54:57
    • 回答No.1
    断面積が0.15^2*PIで、1secあたり9ですから、 動いた空気の量は 毎秒0.64立米 毎分38.2立米 毎時2290.0立米 では? 特殊な変換があるかどうかは解らないのですが…。
    断面積が0.15^2*PIで、1secあたり9ですから、
    動いた空気の量は
    毎秒0.64立米
    毎分38.2立米
    毎時2290.0立米
    では?

    特殊な変換があるかどうかは解らないのですが…。
    • ありがとう数0
    • 2008-06-03 11:59:29
    • 回答No.3
    No.2です。 半径300mmと勘違いしました。 下記0.3 → 0.15で計算すればOKです。
    No.2です。

    半径300mmと勘違いしました。
    下記0.3 → 0.15で計算すればOKです。
    • ありがとう数0
    • 2008-06-03 11:56:54
    • 回答No.2
    ダクトの断面積 0.3×0.3×π に管内風速 9m/sをかけて、 1秒間にダクトを通過する風量が求まります。 0.3×0.3×π×9=0.81π (単位m3/s) 1分間で通過する量に換算するには60をかけて 0.81π×60 = 48.6π (単位m3/min) さらに60をかければ1時間当たりに通過する風量になります。 48.6π×60 = 2916π (単位m3/ ...続きを読む
    ダクトの断面積 0.3×0.3×π
    に管内風速 9m/sをかけて、
    1秒間にダクトを通過する風量が求まります。

    0.3×0.3×π×9=0.81π (単位m3/s)

    1分間で通過する量に換算するには60をかけて

    0.81π×60 = 48.6π (単位m3/min)

    さらに60をかければ1時間当たりに通過する風量になります。

    48.6π×60 = 2916π (単位m3/h)
    • ありがとう数2
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数26
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ