解決済みの質問

質問No.3936121
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数4
閲覧数6835
コロニー数と菌数について
私は、コロニー数を「cfu」、菌体数を「個」と表記すると理解していたのですが、菌の試験のプロトコールに、48時間培養後に1mm程度のコロニーを3個取って1mlの希釈液に混ぜると10の8乗cfu/mlとなる。
これを希釈していき、評価には10の3乗cfu(cfu/mlではありません)を用いるという記述がありました。
ここでは、なぜ菌体数をcfuで表しているのでしょうか?
また、これはポピュラーな表現なんでしょうか?
投稿日時 - 2008-04-09 22:44:49

質問者が選んだベストアンサー

回答No.2
>cfuがコロニー数なら、コロニー3個を希釈したら10の8乗個/mlになるというなら理解できるのですが・・・

cfuはコロニー形成ユニットです。コロニー3個で10の8乗個/mlいるとしましょう。これをプレートに撒いたとき、10の7乗コロニー/mlだったとしたら、10分の1のプレーティング効率ということで、10分の9はコロニーを形成できなかったということです。

現実には100%がコロニー形成する(これだけを考えていませんか?)のや、10%がコロニー形成するのがいるかもしれないということです。そのプロトコールは、コロニー形成能のみを言及しているのだということです。
投稿日時 - 2008-04-10 08:54:02
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
それぞれの希釈液のコロニー形成能ということですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-04-15 13:57:29

ベストアンサー以外の回答 (3)

回答No.3
大雑把に言って、調製した菌液中の細菌は以下の状態のものが存在すると考えられます。
1)コロニーを形成するもの
2)目視できない微小なコロニーを作るもの
3)死んではいないが、コロニーを形成できないもの
   (培養時間を延ばしたり、何かのきっかけで増殖する可能性あり)
4)死んでしまったもの
「cfu」はあくまでも、特定の条件で発育する1)を数えているに過ぎません。
1)のほかにも2)3)4)を含んでいると考えた方が良いです。

「評価には10の3乗cfu(cfu/mlではありません)を用いる」については、
その実験系において、その菌数を使っているということであり、
9.9mlのサンプルに10の4乗cfu/mlの菌液を0.1ml加えるといったようなことかもしれませんし、試験によりいろいろ考えられます。

ある平板に100個のコロニーが発育すれば「100CFU」であり、それが100倍希釈液を0.1ml塗抹した培養物であれば、
元の菌液の濃度は「10の5乗cfu/ml」ということです。
投稿日時 - 2008-04-10 10:56:41
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
いままでcfuをコロニーの数だと勘違いしていました。
コロニーを形成する能力のある単位数ということですね。
丁寧で分かりやすい回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-04-15 14:01:01
回答No.4
この実験では、菌を培養してできたコロニーの数だけを数えていて、実際の菌数は一度も数えていないためです。
コロニーができる前に死んでしまった菌がいるため、菌数=コロニー数ではありません。
菌数を正確に知りたいなら顕微鏡で数えなければなりませんが手間がかかるので、普通はコロニー形成数で表されます。
投稿日時 - 2008-04-10 15:32:07
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-04-15 14:02:24
回答No.1
全ての菌が必ずコロニーをつくるとは限りません。

ポピュラーというより、普通はこれを使うと思います。
投稿日時 - 2008-04-09 23:21:18
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
補足
cfuがコロニー数なら、コロニー3個を希釈したら10の8乗個/mlになるというなら理解できるのですが・・・
なぜコロニーを希釈して菌をバラバラにしているのにcfu/mlとなるのでしょうか?
投稿日時 - 2008-04-09 23:55:52
この質問は役に立ちましたか?
4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
生物学
-PR-
-PR-
-PR-

特集

試写会に30組60名様をご招待!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
生物学
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-