-PR-
解決
済み

スキャンディスクの実行が長すぎます。

  • 困ってます
  • 質問No.39258
  • 閲覧数50
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 55% (15/27)

パソコンの動作が遅くなってきたので、スキャンディスクをかけた後にデフラグをしようと思って、スキャンディスクをかけるのですが、12時間くらいしても”ファイル アロケーション テーブルを調べています”という画面から全然動きません。これは、もう少し待っていたほうがいいのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 62% (59/94)

おそらく待っていてもそれ以上進まないと思います。

なにか常駐しているソフトウェア(ウィルス検査など)があると、スキャンディスクや、デフラグの実行を邪魔することがあります。

スキャンディスク実行前に「Alt」+「Ctrl」+「Del」を押して、「Internat」「Sytray」「Explorer」以外のプログラムを「終了」させてから、スキャンディスクを実行するとどうでしょうか?

それでもだめなら、MSDOSモードのスキャンディスクだと、最後まで終わる事もあります。

起動時にMSDOSモードを選択する方法は、Windows95と98で違うのですが、以下の方法なら共通です。

一度Windowsを起動後、Windowsの終了から、「MSDOSモードで再起動する」を選択します。

コマンドについては他の方がお答えになっていますので省略します。
お礼コメント
hyanta

お礼率 55% (15/27)

[Internat][Sytray][Explorer]のみを残して、スキャンディスクを行ったらちゃんとできるようになりました。

常駐ソフトが多すぎたんですね・・・。

atawiさん、他の回答してくださった方々、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-11 22:52:24
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

クラスタスキャンまでは行かない、ということなのでしょうか。 たぶん、途中で他のアプリケーションが動いたりして、 一からやりなおし、という風になっているのでは? スキャンディスクを実行するときには常駐ソフトを全て外しておいてください。 たとえば、ウィルス対策ソフトなど。
クラスタスキャンまでは行かない、ということなのでしょうか。
たぶん、途中で他のアプリケーションが動いたりして、
一からやりなおし、という風になっているのでは?

スキャンディスクを実行するときには常駐ソフトを全て外しておいてください。
たとえば、ウィルス対策ソフトなど。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 50% (26/52)

スキャンディスクとあるので、9x系OSを使っていると仮定します。 起動時にctrlキーを押しっぱなしにし、ブートメニューを表示させてください。 その中からコマンドプロンプトオンリーを選択し、DOSを起動します。 次のコマンドを実行してください。 scandisk /autofix /nosave /nosummary /surface/mono windows上で行ったスキャンディス ...続きを読む
スキャンディスクとあるので、9x系OSを使っていると仮定します。

起動時にctrlキーを押しっぱなしにし、ブートメニューを表示させてください。
その中からコマンドプロンプトオンリーを選択し、DOSを起動します。

次のコマンドを実行してください。
scandisk /autofix /nosave /nosummary /surface/mono

windows上で行ったスキャンディスクは、いわば不完全なもの(操作できない領域があるため)なので、完全にスキャンディスクを実行するにはDOS上から上記のコマンドを実行しなければなりません。

これで、回復しない場合、ファイルシステムに深刻なダメージがあると考えられますので、OSのクリーンインストールを行ってください。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ