-PR-
解決
済み

お寺へのお礼の表書き

  • 困ってます
  • 質問No.3909149
  • 閲覧数14359
  • ありがとう数39
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 23% (19/82)

改葬します。、今までお墓のあったお寺の住職さんにお礼として
いくらか渡すつもりですが、表書きはどう書けばいいですか?
普通の白い封筒でいいのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 48% (350/723)

>>今までお墓のあったお寺の住職さんにお礼として
ということは、寺院の境内にある墓地から、別の墓地に改葬するということでしょうか?
古い墓石は撥遣(はっけん)という儀式を行います(俗に「性根抜き」「魂抜き」といいますが、この言い方は仏教的にはあまりふさわしい表現ではありません)。
この法会へのお布施としては、熨斗の付いていない金封に赤白水引で表書きは「撥遣御礼」、または「御布施」でいいでしょう。
それとは別にお礼としてお渡しするのであれば、熨斗の付いていない金封に赤白水引で「御供」「御香料」などでよいではないでしょうか。

改葬先で墓石建立、納骨を行うでしょうから、その際のお布施は熨斗なしの金封に赤白水引で「開眼法会御礼」「建墓法会御礼」「御布施」などがあります。


熨斗は薄く削ったアワビを添えて贈答としていたことの名残で、現在も黄色の薄紙が貼ってありますが、それがのしアワビを模したものです。
殺生を戒めることや、動物性のものを御供えとしないところからも、寺院へのお供え、贈答には慶事・祭事でも金封に熨斗は付けません。
熨斗が付いている金封であれば、取り外してください。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 17% (69/389)

こんばんは。 わたくしは、近所のお寺(と言っても大本山ですが)の坐禅会に毎週参加いたしておりますので、ときどきまとめて「志納金」とニューヨークで作った、お名前入りの封筒に入れて、お渡しいたしております。 お坊さまはごく普通に、ありがとうございますとお受け取りになられますので、それでよろしいのではございませんでしょうか。 年末には、お豪華なカレンダーやいろいろいただいていますが、特にその時に志納も ...続きを読む
こんばんは。

わたくしは、近所のお寺(と言っても大本山ですが)の坐禅会に毎週参加いたしておりますので、ときどきまとめて「志納金」とニューヨークで作った、お名前入りの封筒に入れて、お渡しいたしております。
お坊さまはごく普通に、ありがとうございますとお受け取りになられますので、それでよろしいのではございませんでしょうか。
年末には、お豪華なカレンダーやいろいろいただいていますが、特にその時に志納もいたしておりません。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 38% (824/2140)

 白封筒で構いません。  「御布施」又は「御法礼」と記されればよろしいでしょう。「志納」でもよろしいでしょう。  御布施であれ,御法礼であれ,お寺さんの会計(宗教法人会計)に入ります。住職さんの懐に入るわけではありません。住職はたいていその宗教法人の代表役員ですが,宗教法人であるお寺から給料を貰っている立場の方です。もちろん,給料から所得税等が源泉徴収されています。  住職さん個人にお渡ししたい ...続きを読む
 白封筒で構いません。
 「御布施」又は「御法礼」と記されればよろしいでしょう。「志納」でもよろしいでしょう。

 御布施であれ,御法礼であれ,お寺さんの会計(宗教法人会計)に入ります。住職さんの懐に入るわけではありません。住職はたいていその宗教法人の代表役員ですが,宗教法人であるお寺から給料を貰っている立場の方です。もちろん,給料から所得税等が源泉徴収されています。
 住職さん個人にお渡ししたいのであれば,「寸志」或いは「志」又は「御礼」と記し,「お世話になったご住職様に」と言葉を添えるべきでしょう。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ