-PR-
oshietego

「冠動脈バイパスオペ」を推奨されたクランケは、主としてどの様な症例(疾病)の存在に因り、これを受けることになるのでしょうか?

質問が悪ければ→ご指摘戴ければ改めて「補足」させて戴きます。
よろしくお願いいたします。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2008-03-16 08:27:07
    • 回答No.1
    狭心症です。
    お礼コメント
    簡潔なご回答、洵にありがとうございます。
    投稿日時 - 2008-03-17 09:16:55
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2008-03-16 17:00:26
    • 回答No.2
    こんにちは。 心筋梗塞または狭心症に適応されます。 「冠動脈1本」ということであれば、 心筋梗塞または狭心症となった責任病変が、 Left main trank(LMT:冠動脈主幹部。前下行枝と回旋枝の2枝 の付け根部分)であることが現在は多いようです。 (しかし、その患者さんの病状、疾患の経過(履歴)、併発疾患などで治療戦略は異なりますので、LMTのみに適応とは限らないでしょう。) ...続きを読む
    こんにちは。
    心筋梗塞または狭心症に適応されます。
    「冠動脈1本」ということであれば、
    心筋梗塞または狭心症となった責任病変が、
    Left main trank(LMT:冠動脈主幹部。前下行枝と回旋枝の2枝
    の付け根部分)であることが現在は多いようです。
    (しかし、その患者さんの病状、疾患の経過(履歴)、併発疾患などで治療戦略は異なりますので、LMTのみに適応とは限らないでしょう。)
    お礼コメント
    ご回答賜り、洵にありがとうございます。
    (医療等)用語については、一つ一つ調べてみたいと思います。
    投稿日時 - 2008-03-17 09:19:18
    • ありがとう数0
    • 2008-03-16 19:17:29
    • 回答No.3
    CAD(主としてかなり重症の狭心症)だと思いますが、現在の治療水準で言えば狭心症における冠動脈狭窄の多くはPTCA(経皮的冠動脈インターベンジョン)やPCI(経皮的カテーテルインターベンジョン)が適応となります。バイパス形成術は、余程血管の状態が悪い(血管壁がもろくなっていて、PTCAやPCIでは血管が裂ける可能性がある場合等)とか、冠状動脈の複数箇所に狭窄が認められる場合によく選択される方法だと思います ...続きを読む
    CAD(主としてかなり重症の狭心症)だと思いますが、現在の治療水準で言えば狭心症における冠動脈狭窄の多くはPTCA(経皮的冠動脈インターベンジョン)やPCI(経皮的カテーテルインターベンジョン)が適応となります。バイパス形成術は、余程血管の状態が悪い(血管壁がもろくなっていて、PTCAやPCIでは血管が裂ける可能性がある場合等)とか、冠状動脈の複数箇所に狭窄が認められる場合によく選択される方法だと思います。

    お役に立てば幸いです。
    お礼コメント
    ご回答賜り、洵にありがとうございます。
    バイパス形成術→状態が悪い場合に(最終手段?)選択される手術なのですね。
    (医療等)用語については、一つ一つ調べてみたいと思います。
    投稿日時 - 2008-03-17 09:25:32
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数2
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ