-PR-

解決済みの質問

質問No.3713303
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数2
閲覧数26937
アニメ「ゲド戦記」のここがわからない!
アニメ「ゲド戦記」を観て、不明のところがあったので教えてください。
1.アレンの心はがずっと不安状態にあったそうですが、その理由はなにですか?
 王子というプレッシャーでしょうか?逃げ出して自由になっても不安がなくならないのはどうしてでしょう。
2.テルーがアレンと初めて会話したときに、「命を大切にしないやつなんて大嫌いだ」といいましたが、これはどうしてですか?
 アレンに助けてもらったあとですし、不自然にきこえました。アレンがテルーを助けるときに「命などいるか」といったからでしょうか。
3.アレンの影は何をしたいのでしょうか?アレンは影をひどく恐れています。また、影はいつ本体と合体したのでしょうか?
4.テルーが龍になった理由は何でしょうか?
 何かの魔法が働いたのでしょうか。龍が人間のふりをしていたのでしょうか。テルーの正体は?
5.ハイタカはクモの城で魔法を使えないのはなぜですか?
 普通の人間になってしまっていましたね。
6.アレンが父を殺してまで剣を奪ったのはどうしてでしょうか?
 映画では自分でもわからないといっていましたが、クモにあやつらえていたのでしょうか?
 殺さなくても盗むことはできたと思いますが。
7.魔法の剣が抜けたのは、アレンが命の大切さを知ったからですか?
 両者の間にどういう因果関係があるのでしょうか。
8.剣のサヤを捨ててしまいましたが、無くては困るのではないでしょうか。回収しないのでしょうか。
9.世界の均衡が破れているのでハイタカがその原因をさぐる旅に出たそうですが、均衡が破れる原因は何だったのでしょうか?
 クモを退治したので、世界の均衡は保たれたのでしょうか。
10.クモはアレンのことを「生死を隔てる扉を開ける選ばれたもの」といっていましたが、あれはでたらめですか?
 アレンには特殊な能力があるのでしょうか。

よろしくお願いします。
投稿日時 - 2008-01-25 21:18:18

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
私もゲド戦記は「?」なところが多かったです。アレンがゲド、もしくはゲドになるんだと思っていました。原作を1から読んだほうがいいと思います。アニメはまさに途中からですよね!?
かなり前に見たのでうろ覚えで個人の解釈ですが
1、影のせい
2、テルーは実親に捨てられてひどい目にあったのとアレンの自分の命に対する軽さでは?
3、アレンを乗っ取り自分の体にする為だと思いました。影は知らぬ間に入り込みアレンの心に入り込んだと思います。
4、特別な能力があったからだとは思いますが、真相は…?
5、クモの魔法のせいではなかったですか?
6、影のせい。あとアレンの心が弱かったからでは?
7、?
8、?
9、それを調べるために旅していたのだと思います。クモはたいして関係なかったような…。
10、劇中では理由は触れてなかったですよね。

全然回答になってなくて申し訳ないですが、実写版「ゲド 戦いのはじまり 」もあります。http://www.discas.net/cgi-bin/netdvd/s?ap=c_goods_detail&goods_id=082088884
ゲドが魔法使いになる前の話です。映画ではなくドラマ?
アニメと接点はないです。
投稿日時 - 2008-01-25 21:59:11
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (1)

回答No.2
こんにちわ。

原作を読んだのと映画を見た時期がかなり離れていて曖昧なのですが…^^;
はっきりいってしまえば映画のゲド戦記は監督が全シリーズを読んで個人的な主要部分をきりとってつくられた、ちぐはぐな映画、っという印象を受けた覚えがあります。
ですので#1さんと同様原作を読むことをお勧めします。
以下原作のネタバレを含めた個人的な解釈です。

1:?
2:質問者様の解釈であっていると思います。アレンは影から逃げたくて命すら投げ出すつもりのような言動をとっていた感じがあったから?
3:(原作より)そもそも影はゲドがゲド自身の影を己の自己過信により禁じられた魔法から呼び出したものです。わたしの記憶の中では影=自分の弱さ、向き合いたくはない欠点、というイメージです。アレンは影と合体した(テルーの言葉で自分自身を受け入れる覚悟ができた)ことで剣を抜くことができたのではないでしょうか?
4:テルーはもともと龍でした。原作では正体を明かした後はゲドたちとともに暮らさず、母と一緒に暮らすためゲドたちのもとを去ります
5:クモに実の名をつかまれおり、魔法にかけられてしまったから?
6:原作にはない部分ですし、映画でも語られていません。一部の批評では、王=宮崎駿、アレン=自分、に重ね合わせているのではないか、との声がありました
7:?両親との関係はなく、3での回答と関係があるから?
8:質問者様は細かいところまで見てますね~!?ですが^^;
9:(原作より)均衡が崩れる要因は死者との世界にありました。ちょっとあやふやなのですが、龍は永遠の命を、人間は死ぬということを条件に魔法を手に入れましたが、不老不死をてにいれんとし死者の国との均衡をくずした者がいて…っという内容だった気がします
10:たしかゲドが死者の国にいくときに供につれていったのがアレンだったような…?何故かは忘れてしまいました(×_×;)ゲドが死者の国に引き込まれそうだったところを助けたのはアレンです

どちらにせよ、映画だけではつじつまが合わない部分が多数存在している映画です。
原作は非常に面白いので、時間があるときにでも読んでくださるとうれしいです^^
投稿日時 - 2008-01-26 10:37:09
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
24人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
邦画
-PR-

-PR-

特集

正しい方法で健康的な綺麗を手に入れよう!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

患者さんやご家族、それぞれに合ったゴールと道筋を。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
邦画
-PR-

ピックアップ

-PR-