-PR-
解決
済み

サイクリックAMPの合成の仕方と情報伝達の仕方について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.36584
  • 閲覧数186
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 51% (21/41)

とても困っています。だれか教えてください。
(1)サイクリックAMPの合成の仕方。
(2)サイクリックAMPの情報伝達の仕方。
ホルモンに関係する感じで答えていただきたいです。
お願いします。助けてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

質問の流れから考えると
(1)cAMPの合成はATPからアデニル酸シクラーゼで合成されます。りん酸が2つ落ちて環状構造が出来ます。

(2)ホルモンというヒントから簡単に。アドレナリンを例に。アドレナリン(がレセプターに結合→トライメリックGプロテインの活性化→アデニル酸シクラーゼの活性化(cAMP濃度上昇)→A-kinase(PKA)を代表とするkinase活性化とホォスァターゼの抑制→様々な機能の発現へ

という感じです(教科書レベル)。例によって「細胞の生物学 第3版(教育社)」を見てください。最低限の情報は仕入れられるはずです。
各論については各ホルモン、トライメリックGプロテイン、PKAで調べたらいくらでも出てきます。
PubMedも使えますし、蛋白・核酸・酵素(共立)、細胞工学(秀潤社)、実験医学(羊土社)でも何度か取り上げられています。

何か分からないことがございましたら、再度補足をお願いします。生物学の方が専門の方が多いかもしれませんね。
お礼コメント
ayu-ayu-ay

お礼率 51% (21/41)

ありがとうございました。昨日のテストでとても役に立ちました。詳しくてわかりやすかったです。
投稿日時 - 2001-02-08 14:43:39
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

レポートでしょうか? 以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!) ? ------------------------ シンプル薬理学/植松俊彦,野村隆英/南江堂/1999.12  処方がわかる医療薬理学/中原保裕/学習研究社/1999.5  最新基礎薬理学/高木敬次郎,亀山勉[他]/廣川書店/1999.10  薬理学/南原利夫∥総監修 [他]/ミクス/1999.4  薬理学/鈴 ...続きを読む
レポートでしょうか?
以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)

------------------------
シンプル薬理学/植松俊彦,野村隆英/南江堂/1999.12 
処方がわかる医療薬理学/中原保裕/学習研究社/1999.5 
最新基礎薬理学/高木敬次郎,亀山勉[他]/廣川書店/1999.10 
薬理学/南原利夫∥総監修 [他]/ミクス/1999.4 
薬理学/鈴木正彦/医学芸術社/1999.12 
-------------------------
インターネットで検索してみましたか・・・?
関連のサイトは沢山ありますよ???

いずれにしても基礎ですから、上記成書以外でもお近くの図書館で調べてみて下さい。

ご参考まで。
お礼コメント
ayu-ayu-ay

お礼率 51% (21/41)

質問をしてすぐに回答が返ってきたのでうれしかったです。テストのその問題はできました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-08 14:46:42


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ