-PR-

解決済みの質問

質問No.3447204
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数7
閲覧数9397
ADSLとISDNとDA128の違いとは??
ADSLとISDNの違いが分からないです。。。

(1)ISDNはスピードが遅いからインターネットには向かないとかは聞いたことがあって需要が減ってきているってのは聞いたことがあるのですけど。。。これって正しいですか??

(2)ADSLってのは昔から使われている一般公衆網での電話回線ですか??

(3)ISDNとDA128の違いって何ですか??

(4)NTTの公衆網と言われていて、そこで使用されている回線はADSLとISDNという認識でいいのですか??

(5)また、近頃流行ってきている「IP網(回線)」って何ですか??
ADSLもしくはISDNの回線に音声だけじゃなくて、データも乗せることができるってことですか??

分かりにくい質問もあると思うのですが、もし分かる人がいらっしゃったら教えてください!! お願い致します。
投稿日時 - 2007-10-20 23:54:36

質問者が選んだベストアンサー

回答No.4
技術的なことと 提供されるサービスを混同して、混乱されています

技術的なことで言えば
ISDN64とDA128は同一です、提供するサービスが異なるだけです

また、使用する電線(電話線)は ISDN64もDA128もADSLも一部例外はありますが基本的には同じです

ISDN64とDA128の違いは専用線か一般電話回線(発信の都度、接続相手を変更できる)かの違いです(専用線は接続先が固定される)NTT局の電話交換機に接続すれば ISDN、専用線伝送装置に接続すれば DA64/128で機能します

公衆網に接続されるのは、一般電話回線(いわゆるアナログ回線)とISDN64,INS1500です
ADSLは、公衆網のうちNTT局~ユーザ宅の電話線の電線を通話に影響を与えないように工夫して使用しています ADSLは公衆網には含まれません

IP電話網は ユーザには直接関係しません
(NTT)電話の交換機間の接続に関することです(いわゆる市外中継網

以上 非常に簡単に説明しましたが、上記は大学の通信工学で少なくとも1単位にはなるだけの内容があります
参考書籍等を購入して勉強してください
投稿日時 - 2007-10-21 11:55:54
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
補足
ISDNは音声とデータを乗せることができるからIP電話網の部類には入らないのですか??

ADSLは音声とデータを乗せているから、IP電話網として扱われることは分かったのですが・・・。
投稿日時 - 2007-10-22 00:53:43

ベストアンサー以外の回答 (6)

回答No.7
いろいろ勉強されてる様なので 分らない所を教えて下さい 電話線の一部例外との事ですがどの辺でしょうか それと工夫との事ですがどんな工夫なんでしょうか 教えて頂けると有り難いです
投稿日時 - 2007-10-22 20:22:05
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.6
>ISDNは音声とデータを乗せることができるからIP電話網の部類には入らないのですか??

>ADSLは音声とデータを乗せているから、IP電話網として扱われることは分かったのですが・・・。

解釈が 全くの見当はずれです

前の回答を読み直してください

網を理解してください

IP電話網とは、電話(音声情報を)の接続にIPプロトコルを使用する拠点間接続です
IP網の使用形態の一部がIP電話網です

ADSLだからIP電話網なんてことはありません
網の定義で末端をどこまで含めるかで
ISDNやADSL・光接続も網に含まれることがあります

基本的な事項の理解がずれています、ですからその上に構築される物がゆがんでしまうのです

質問のことを、一般ユーザレベル以上に人に説明できる程度まで理解したいのならば、通信工学、電話交換、ネットワークを勉強する必要があります
なんとなく判った程度ならば、現状の知識でよろしいでしょうが、人に説明しようなどとは思わないことです
投稿日時 - 2007-10-22 09:47:00
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.5
>専用線サービスとはどういうことですか?
>あらかじめ決められた拠点間のデータ通信用
>ってのはどういうイメージですか?

接続相手をNTT局交換機に登録しておくことで「あらかじめ決められた拠点間の」接続しかできないようにしたものです。したがって,不明な相手に誤って接続することもありませんし,不明な接続先が侵入してくることもありません。企業向けのサービスです。


>ADSLは音声とデータを乗せているから、
>IP電話網として扱われることは分かったのですが。

いや,分かっていないです。どの回答者もそんなことは言っていません。
ANo.2では足回り回線と回線網は別だと回答しました。
足回り回線がADSLであっても,電話音声を流す回線網としてNTT加入電話網を使っているのならそれはIP電話ではありません。

>ISDNは音声とデータを乗せることができるから
>IP電話網の部類には入らないのですか??

ISDNは回線網としてIP網を使っていないからIP電話ではないのです。
投稿日時 - 2007-10-22 02:18:11
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.3
ADSLとISDNの違いは基本は同じですが ただ使い方が違います
ISDNは音声もデーターも利用する機械が同じで停電等の場合インターネットも電話も止まります 
ADSLは利用する電話線は同じですが音声とデーター(インターネットなど)が別々の機械を利用します ISDNがTA(ターミナルアダプター)でADSLはモデムと言う物に成ります

ISDNがインターネットに向かないのではなく当時電話とインターネットを同時に利用できる方法が無かった為ISDNと言うサービスを考えたのです

速度が遅いのは料金とのバランスとある程度の速度を保たなければ成らない為です
今は光の利用が進んでいる事による減少です
そうですね回線としてはアナログからISDNでADSLですね で今は光が出て来てそれぞれ利用してますね
IP電話はインターネットの通信技術を有効利用した音声通話サービスですね 通話料金も安いですし
ISDNは 総合サービスデジタルネットワークの略です
ADSLは 非対称デジタル加入者回線の略です
投稿日時 - 2007-10-21 10:59:14
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.2
自宅~NTT収容局までのいわゆる「足回り回線」と,収容局から先のいわゆる「回線網」を分けて整理してください。
すでにNTTの加入電話の回線網はすべて光ファイバ化されています。それに対して足回り回線はまだまだほとんどが昔から使われているメタルの電話回線のままです。

ISDNとADSLはともに,そのメタルの足回り回線をそのまま(自宅~NTT収容局の回線の張り替えなしに)高速データ通信に活用するための技術です。

ISDNは足回り回線と回線網の両方に対する名称です。ISDNは足回り回線にデジタル信号を流し,ISDN回線網と接続します。時分割により2本分の64kビット/秒の回線を実現できます。ただしこの速度は現在では低速の部類であり,国の統計データでもISDNはブロードバンド回線として扱われていません。需要も減っています。

ディジタルアクセス128(DA128)は,足回り回線はISDNを2本分たばねて128kビット/秒,かつ,回線網が専用線サービスであるものです。専用線サービスですから,あらかじめ決められた拠点間のデータ通信用となります。

ADSLは足回り回線に対する名称です。ADSLは足回り回線に,低周波アナログ信号(音声通話用)と高周波アナログ信号(高速データ通信用)を多重化して流します。足回り回線の線路距離の長短による伝送損失で変わりますが,1M~数10Mビット/秒の通信速度になります。

ADSLが足回り回線だけを指すならば,ADSLにおける回線網は? それがIP回線網ということになります。NTTが構築してきた加入回線網やISDN回線網に対し,インターネットと同じ原理で構築されたIP網はコストが安いのです。昔は,信頼性の低いIP網は即時性の高い音声通話に向かない,と言われていましたが,技術の進歩がそれを解決し,現在では安価なIP電話(IP網を用いた電話)が普及しています。
投稿日時 - 2007-10-21 01:58:41
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
補足
回線網が専用線サービスであるものです。専用線サービスですから,あらかじめ決められた拠点間のデータ通信用となります。

<<専用線サービスとはどういうことですか??あらかじめ決められた拠点間のデータ通信用ってのはどういうイメージですか??
教えていただけないでしょうか??
投稿日時 - 2007-10-21 23:27:43
6件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-
-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

ピックアップ

-PR-