-PR-
necotan

医療事務に詳しい方にお知恵を借りたいのですが・・・
在宅自己注射管理料、注入器加算、注射針加算を算定している患者さんが、同一月に「注射に失敗して針だけ欲しいんです・・・」と希望があった場合、どのように対応しますか?
針は加算で頂いているので、単独の場合は材料代という形になるんでしょうか?
また、院外処方の場合と院内処方の場合とで違ってきますか?
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2007-09-05 11:11:25
    • 回答No.3
    針だけは出せません。

    在宅自己注射管理料は月に1回しか認められていないので、中にはズルい患者さんがいて、月初めと月末に二回かかって薬やインスリン、針、センサー類を欠かさずもらい、一年を通すとほぼ半額で済ませる(同月なら570円とかにしか請求できない)ということをしています。

    おかげで公的病院は赤字で潰れそうですし、廃業してしまった病院も結構ありますね。
    お礼コメント
    すごいですね・・・w
    患者さんも考えてますね・・・w
    怖い怖いw
    ありがとうございました。
    投稿日時 - 2007-09-08 13:46:35
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2007-09-05 10:12:56
    • 回答No.2
    noname#60992

    すみません、間違えていました。 「注射器、注射針のみを処方箋により投与することはできない」 とのことなので、院内で(無償で)出すしかないようです。 ...続きを読む
    すみません、間違えていました。
    「注射器、注射針のみを処方箋により投与することはできない」
    とのことなので、院内で(無償で)出すしかないようです。
    お礼コメント
    なるほど・・・
    そんなことばっかりされたら病院破綻ですね・・・
    補足ありがとうございますw
    投稿日時 - 2007-09-08 13:44:52
    • ありがとう数0
    • 2007-09-03 19:28:58
    • 回答No.1
    noname#60992

    同月内に加算を算定しているなら、費用を別途算定することはできません。  院外にすると実費になりますが、出してくれる薬局さえあれば、可能だと思います。  指導料および、加算を算定しておいて、針を院外実費にするのはかなりダークなグレーゾーンだと思います。(患者が訴えたら面倒なことになりそうです。) しかし、どういう失敗をしたら針がだめになるのでしょうね? いっそのこと、万年筆型とかにしてしまえば、全部院 ...続きを読む
    同月内に加算を算定しているなら、費用を別途算定することはできません。 
    院外にすると実費になりますが、出してくれる薬局さえあれば、可能だと思います。 
    指導料および、加算を算定しておいて、針を院外実費にするのはかなりダークなグレーゾーンだと思います。(患者が訴えたら面倒なことになりそうです。)
    しかし、どういう失敗をしたら針がだめになるのでしょうね? いっそのこと、万年筆型とかにしてしまえば、全部院外にできますので、、、
    お礼コメント
    ありがとうございます。
    ホント意味わかんないですよね?
    注射器は法律で確か売ってはだめなんですよね?
    針は扱ってる薬局があれば自分で買って!ってコトですよね?
    なんだか質問自体が腑に落ちないから、答えてもらったのにシックリこなくて申し訳ないですw
    ありがとうございましたw
    投稿日時 - 2007-09-05 09:05:10
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数4
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ