-PR-
締切り
済み

ソニーのデジタルビデオカメラについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3287
  • 閲覧数4775
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 31% (49/158)

 運動会等で使用したいのでビデオカメラの購入を考えています。しかしお金がないので中古にしようと思っています。
 そこで以前にソニーのハンディカムで赤外線がどうのこうので犯罪に使われるとか何とか言っていましたが、それってどういうことだったんでしょうか?その機種は何と言う機種ですか?それと今はどうなっているのでしょうか?詳しく教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 16% (15/91)

原理などは割愛しますが、現在発売されている機種はその辺の対策は取られていますので、無理です。(赤外線暗視装置の原理で、つまりは透けて見えるような状態だったのです。)ほしいのなら中古を探すしかありません。
原理などは割愛しますが、現在発売されている機種はその辺の対策は取られていますので、無理です。(赤外線暗視装置の原理で、つまりは透けて見えるような状態だったのです。)ほしいのなら中古を探すしかありません。

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 11% (1/9)

赤外線と犯罪ということで話題になったのは機種は判らないんですが その機種は撮影できる範囲が赤外線の領域まで反応するため水着の女性を 撮影すると水着が透けたように撮影できるという話です。 なぜ透けて見えるのかは、赤外線の領域は温度差が映像となって写るため 体と周りの温度差によって体型が映し出されるためと水着からはほとんど 赤外線が出ないのに対して体の表面からは赤外線が出ているためそれを映し出し ...続きを読む
赤外線と犯罪ということで話題になったのは機種は判らないんですが
その機種は撮影できる範囲が赤外線の領域まで反応するため水着の女性を
撮影すると水着が透けたように撮影できるという話です。
なぜ透けて見えるのかは、赤外線の領域は温度差が映像となって写るため
体と周りの温度差によって体型が映し出されるためと水着からはほとんど
赤外線が出ないのに対して体の表面からは赤外線が出ているためそれを映し出し
結果的に透けたようになります。
たぶん今はその領域には反応しないようにしてあると思いますし
そうしなければメーカーが犯罪(公序良俗に違反)として罰せられる事に
なりますから。
では
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

ナイトビジョンって機能だったかな?対策は使えない様にではなく、昼間はつかえない ようにするだったはずです。 夜間の撮影用に入れた機能が、昼間も使えてしまうため薄い布だと人体から出る熱分布 に反応して透けて見えちゃうんですね。 一部マニアの間では高額で取引されている様ですね。 :-P 中古でも対策前のものは高いと思いますよ。 デジタルに限りませんが安いやつ使うと画質が悪いです。先日知り合いの持っ ...続きを読む
ナイトビジョンって機能だったかな?対策は使えない様にではなく、昼間はつかえない
ようにするだったはずです。
夜間の撮影用に入れた機能が、昼間も使えてしまうため薄い布だと人体から出る熱分布
に反応して透けて見えちゃうんですね。
一部マニアの間では高額で取引されている様ですね。 :-P
中古でも対策前のものは高いと思いますよ。
デジタルに限りませんが安いやつ使うと画質が悪いです。先日知り合いの持っている横
型のDV(比較的新しい)と自分の初代デジタルハンディカム(DCR-PC7 古っ!)で比較した
ら素人目にもわかるほどの画質の差でした。ご参考までに。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 37% (260/696)

当時、DCR-TRV9がDV対応で最高機種として販売されていました。 一般に、画像を捕らえる素子(家庭用ではCCDセンサーが一般的)の特性として可視光線以外に赤外線にも反応する為、通常の撮影では邪魔になり、光学的に赤外線を通さないフィルターが装着されています。該当機種ではこのフィルターを意識的に取り除き若干の電気的な調整を行う事により赤外線対応にさせた物です。 後期の物は明るい所ではナイトビジョンにな ...続きを読む
当時、DCR-TRV9がDV対応で最高機種として販売されていました。
一般に、画像を捕らえる素子(家庭用ではCCDセンサーが一般的)の特性として可視光線以外に赤外線にも反応する為、通常の撮影では邪魔になり、光学的に赤外線を通さないフィルターが装着されています。該当機種ではこのフィルターを意識的に取り除き若干の電気的な調整を行う事により赤外線対応にさせた物です。
後期の物は明るい所ではナイトビジョンにならない様調整した物で設計その物は変わっていません。つまり、現在販売されているナイトビジョン対応の機種でも光学的に可視光線をフィルタリングし、赤外線のみを通すフィルターをレンズの前に取り付ければちゃんと(?)透けてみえます。 このあたりの所はその関係の月刊誌がありますので本屋さんに行ってみて下さい。(電気や無線の月刊誌の所によくおいてあります。)。 蛇足ですが、韓国では最新のビデオカメラをスケスケ対応に改良(改悪?)するビジネスがはやっている(はやっていた?)そうです。また、デジタルカメラでも同様の結果が期待できます。ヒントはフィルム式カメラ売り場に沢山の光学フィルターがありますから「赤外フィルター」を探してみてください。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ