-PR-
締切り
済み

赤熱,低温脆性について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.32435
  • 閲覧数2152
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

赤熱脆性,低温脆性がなぜ起きるのかについて教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 20% (7/35)

赤熱脆性について これは、硫黄を多量に含む炭素鋼を、高温雰囲気中で加工した時に 亀裂を生じる脆化現象のことです。 不純物である硫黄(S)が、高温雰囲気中で、硫化鉄(FeS)として、粒界に析出します。この硫化鉄は、非常に脆く、しかも、融点が低いために、全体として、著しい脆化が起こってしまうのです。 低温脆性について このメカニズムは、僕もよくわかりません。すいません。
赤熱脆性について
これは、硫黄を多量に含む炭素鋼を、高温雰囲気中で加工した時に
亀裂を生じる脆化現象のことです。
不純物である硫黄(S)が、高温雰囲気中で、硫化鉄(FeS)として、粒界に析出します。この硫化鉄は、非常に脆く、しかも、融点が低いために、全体として、著しい脆化が起こってしまうのです。

低温脆性について
このメカニズムは、僕もよくわかりません。すいません。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ