-PR-
nao_ss

よく、左足の中指と薬指をつってしまいます。
クセになっているような感じです。
例えば右足の指をつったことはないのに、
左足の2本の指はしょっちゅうつるのです。
特に疲れたときに、多い気がします。
なぜ特定の指だけつってしまうのか、また解決方法がありましたら
教えてください。よろしくお願いします。
  • 回答数6
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全6件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2007-07-30 17:11:59
    • 回答No.5
    ひざのお皿に掌を乗せて、指を伸ばしたときの薬指の先のあたりに痛感があるはずです。
    ソレが足の薬指を持ち上げる筋肉、スジです。

    入浴時に、よく暖めて、マッサージ。
    ひざのした辺りにしか露出してこないので「痛感」として疲弊しているのがわからないのです。
    デ、より、冷えるとつります。

    冷房で冷え、寝ているときにも、足を出していると、冷えてつります。

    特に、就寝時には、足がむき出しにならないように、レギンスのような物で
    第二の皮膚として、暖めることを忘れずに。
    ただの長ズボンだと、上に持ち上がってきて、冷えます。

    うごきつづけてときには血流が確保されているので大丈夫なのですが、
    静止しているときのうごき始め、などにつることも多い。

    原因は局所的なカルシウム不足=血流が不足、使いすぎ、冷える等です。

    カルシウムをとっても、余りこの場合効果はない。
    そこに行かないので、不足するのが原因だから。

    日中も素足だったりしませんか?
    それでなくても、冷房で下のほうは空気が冷たい。
    お礼コメント
    回答ありがとうございます。
    ひざ下に痛感、あります!びっくり・・・。
    しかも、普段はハイソックスで、この部分は露出しています。
    これからはマッサージ&冷やさないようにします。
    投稿日時 - 2007-08-02 21:08:15
    • ありがとう数1
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全5件)

    • 2007-07-26 01:25:03
    • 回答No.1
    糖尿病や痛風の初期でも、そのような症状が出ます。 健康診断の結果はそうでしたか? ...続きを読む
    糖尿病や痛風の初期でも、そのような症状が出ます。
    健康診断の結果はそうでしたか?
    補足コメント
    28歳、女ですが、これまでの健康診断でそのような診断をされたことはありません。
    指をつるようになったのは少なくとも5年以上前からです。
    気づいたらそうなっていたという感じなので、もっとずーっと前からかもしれません。
    投稿日時 - 2007-07-26 06:06:27
    • ありがとう数0
    • 2007-07-26 10:43:16
    • 回答No.2
    こんにちは。趣味でボディビルをやっている者です。 足が攣ってしまうのは、カリウムの摂取で改善されると思います。 オレンジ/グレープフルーツジュース、バナナ、ジャガイモのようなカリウムを豊富に含む食品を食べるとよいです。たぶん、すぐに攣りづらくなるのが実感できると思います。 ...続きを読む
    こんにちは。趣味でボディビルをやっている者です。

    足が攣ってしまうのは、カリウムの摂取で改善されると思います。
    オレンジ/グレープフルーツジュース、バナナ、ジャガイモのようなカリウムを豊富に含む食品を食べるとよいです。たぶん、すぐに攣りづらくなるのが実感できると思います。
    お礼コメント
    回答ありがとうございます。
    カリウムですか。積極的に摂取したいと思います。
    投稿日時 - 2007-07-28 06:51:52
    • ありがとう数0
    • 2007-09-12 18:13:58
    • 回答No.6
    つるということは 筋肉に問題あるということだと思います。 以前の回答にもありますが、 カリウムは筋肉の収縮のバランスをとるひとつのミネラルです。 ただ、それだけではバランスをとることができなくて、 ナトリウムを摂ることも大切です。 カリウムとナトリウムのバランスを考えてみると 筋肉の収縮がうまく行くと思います。 ...続きを読む
    つるということは
    筋肉に問題あるということだと思います。

    以前の回答にもありますが、
    カリウムは筋肉の収縮のバランスをとるひとつのミネラルです。
    ただ、それだけではバランスをとることができなくて、
    ナトリウムを摂ることも大切です。

    カリウムとナトリウムのバランスを考えてみると
    筋肉の収縮がうまく行くと思います。
    お礼コメント
    回答、ありがとうございます。
    お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。
    みなさんのアドバイスを参考にしたら、
    最近はつることもなくなりました。
    どうもありがとうございました。
    投稿日時 - 2007-11-17 16:23:58
    • ありがとう数0
    • 2007-07-26 11:01:08
    • 回答No.3
    疲労のストレスは全身の血流を悪くします。それが血管を収縮して筋緊張を起こすのです。攣ったりするのは体が「血行を良くしてくれ」と悲鳴を上げてると思うと良いでしょう。 あなたの場合足指、なかでも左足のその二本の指は運動の負荷がかかりにくく、もともと血行が悪い箇所だと思いますので、そこに血流障害の影響が出てしまうのでしょう。 人間の体の働きは左右同じではありませんので、左右のトラブルに偏りがあっても ...続きを読む
    疲労のストレスは全身の血流を悪くします。それが血管を収縮して筋緊張を起こすのです。攣ったりするのは体が「血行を良くしてくれ」と悲鳴を上げてると思うと良いでしょう。

    あなたの場合足指、なかでも左足のその二本の指は運動の負荷がかかりにくく、もともと血行が悪い箇所だと思いますので、そこに血流障害の影響が出てしまうのでしょう。

    人間の体の働きは左右同じではありませんので、左右のトラブルに偏りがあってもおかしくはないでしょう。

    歩く時は親指に一番力が入りますが、足指全体を意識しておくと良いと思います。日頃から特にその二本の指は、強く意識して、出きるだけ使うように心掛けてみて下さい。
    お礼コメント
    回答ありがとうございます。
    確かに私はきき足も右だし、何かと左は「弱い」のです。
    普段から意識するようにします。
    投稿日時 - 2007-07-28 06:53:44
    • ありがとう数0
    • 2007-07-27 19:54:26
    • 回答No.4
    足をつるのは痛みを伴って非常に不快ですよね。 疲れたときに起こるということで、以下の症状に当てはまる点はございませんか? ・爪の色が白色、または紫色をしている。 ・一番下の肋骨とおなかの境目を押してみると張っているような感じがある。(参考URLの紫の部分を参考にしてみてください) ・午前1時~3時の間、安定した睡眠に入っていない。 ・若干憂うつまたはイライラすることがある。 原因につい ...続きを読む
    足をつるのは痛みを伴って非常に不快ですよね。

    疲れたときに起こるということで、以下の症状に当てはまる点はございませんか?
    ・爪の色が白色、または紫色をしている。
    ・一番下の肋骨とおなかの境目を押してみると張っているような感じがある。(参考URLの紫の部分を参考にしてみてください)
    ・午前1時~3時の間、安定した睡眠に入っていない。
    ・若干憂うつまたはイライラすることがある。

    原因については「二価のカルシウム陽イオンが弛緩するときにうまく回収されないため」と習った覚えがありますが、分かりやすくいうと筋肉が収縮したまま元に戻らないことで起こるようです。
    学生の身分なので専門家の方、間違い等あれば修正お願いします。
    お礼コメント
    回答ありがとうございます。
    そういえば、睡眠が取れていないときに起こるような気がします。
    ここしばらくは規則正しい生活ができていましたが、
    最近ちょっと崩れて、そしたらまた発生したのです。
    規則正しい生活のときは、足をつるクセ自体も忘れていました。
    投稿日時 - 2007-07-28 06:56:15
    • ありがとう数1
    • 回答数6
    • 気になる数0
    • ありがとう数246
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ