総ありがとう数 累計4,290万(2014年11月1日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
raion89

緑色に合う色を探しています。
緑にも色々あると思いますので3種類に限定したいと思います

1.普通の緑色
2.鮮やかな緑色(俗にいう きみどり色)
3.抹茶のような少し濃い感じの色

よろしく御願いします
  • 回答数3
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全3件)

回答 (全3件)

  • 2007-06-24 12:43:04
  • 回答No.3
ほかの方もおっしゃるとおり,
「合う」ということばの解釈は多様ですし,どこに使う色かによっても答えは違ってきます。
また挙げられた色名の表わす範囲も曖昧で,専門的な議論には馴染みません。

色の合う/合わないは「色彩調和」と呼ばれ,いちおうの一般理論は存在します。
下記URLのページと,それに続く「配色技法」のページを参考になさってください。

■COLOR NOTE/配色のコツ/色彩調和
 http://www.sipec-square.net/~mt-home/students/miyazono/project/haishoku/page01.html

実際にパソコンの画面上で配色の良し悪しを検証できる
下記のようなページも活用なさってください。

■自動配色
 http://tail.s68.xrea.com/html/tool/cpt/index.html
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-06-24 01:13:51
  • 回答No.1
noname#34123

ちょっと質問が漠然としすぎていると思います。
「合う」とはどのような意味でしょうか?つまりどのような効果をねらっての事でしょう。
メリハリを効かせた明るいイメージとか、反対に溶けこむような優しいイメージとか、それによって合わせる色が違ってしまいます。
いったい対象は何なのか?にもよります。

緑色には赤だって青だって黄色だって合います。
しかし合わせた時のイメージが全く違ってきますよね。
明度を合わせるか対比させるか、彩度を揃えるか、等…。
逆に言うと合わない色なんてないと思うんですけど。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-06-24 01:54:10
  • 回答No.2
ANo.1 さんに同意です。

詳しくはないですが、どこに使うのか?
美術品?衣類?オブジェ?自宅壁の色?自動車?

「合う」というのも、何を狙うのか、にもよりますし。

ちらりと見ただけの印象を重視するなら、(美術品の鑑賞と対照的)
「安定」を狙って下を暗め、上を明るめの色にする組合せがあります。
上下さかさまにすれば、「不安定」となりますが、人をハラハラさせて
しばらく目を離せない効果があるようにも思います。
「目立ちたくない」なら淡色系で合わせるのがいいですし、「目立ちたい」なら逆です。
ただ、「目立ちたい」が昂じると「鬱陶しい」にも繋がるので、程度が難しいと思います。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • ありがとう数34
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ