-PR-
  • 困ってます
  • 質問No.3052484
締切り
済み

資本主義経済のデメリットとは

  • 閲覧数5092
  • ありがとう数20
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 81% (9/11)

資本主義経済のデメリットとはなんなんでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。
難しいことはあまり分からないので、簡単にお願いします。
通報する
  • 回答数6

回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/4)

資本主義と社会主義の違いはご存知でしょうか? だいたい社会主義のメリットをそのままひっくり返したようなものが資本主義のデメリットです。 現代の日本で主に問題とされるのは ・作業効率重視の辛い労働環境 ・儲かる人と儲からない人が出てくる、つまり格差社会となる  (ただし格差社会については「頑張った人が報われる社会」なので一概に悪いとは言えない) の二点です。 ...続きを読む
資本主義と社会主義の違いはご存知でしょうか?
だいたい社会主義のメリットをそのままひっくり返したようなものが資本主義のデメリットです。

現代の日本で主に問題とされるのは

・作業効率重視の辛い労働環境
・儲かる人と儲からない人が出てくる、つまり格差社会となる
 (ただし格差社会については「頑張った人が報われる社会」なので一概に悪いとは言えない)

の二点です。
お礼コメント
hana2300

お礼率 81% (9/11)

回答ありがとうございます。

現在の日本の問題点が分かりました。
投稿日時 - 2007-06-03 08:35:45
  • 回答No.1

一番は格差が生じるということではないでしょうか。 これは当たり前のことです。 最近、格差格差と騒がれていますが格差が生じるということは資本主義社会においては当然のことなのです。 これが嫌なのなら社会主義の国に移住するべきだである。 ...続きを読む
一番は格差が生じるということではないでしょうか。
これは当たり前のことです。
最近、格差格差と騒がれていますが格差が生じるということは資本主義社会においては当然のことなのです。
これが嫌なのなら社会主義の国に移住するべきだである。
お礼コメント
hana2300

お礼率 81% (9/11)

回答ありがとうございます。
格差ですか。たしかに、最近格差ということばをよく耳にします。
投稿日時 - 2007-06-03 08:37:17
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。 もう一つあげるとすれば景気の波(極端なのが恐慌)が必ず起こる、って事があるでしょう。 それは戦争につながり、過去二度の世界大戦も結局は経済的行き詰まりの打開策でした。 第二次大戦後、表面的には戦争をしていない日本も朝鮮戦争による特需景気を始め、米国が起こした戦争の恩恵をこうむっています。 ...続きを読む
こんにちは。
もう一つあげるとすれば景気の波(極端なのが恐慌)が必ず起こる、って事があるでしょう。
それは戦争につながり、過去二度の世界大戦も結局は経済的行き詰まりの打開策でした。
第二次大戦後、表面的には戦争をしていない日本も朝鮮戦争による特需景気を始め、米国が起こした戦争の恩恵をこうむっています。
お礼コメント
hana2300

お礼率 81% (9/11)

回答ありがとうございます。
波・・それは気づきませんでした。そう言われると波は資本主義経済特有のものですね。
投稿日時 - 2007-06-03 08:38:37
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 31% (39/125)

こんにちは。 常に拡大していかないと成り立たない、というのが最大の問題点だと思います。拡大できるあいだは良いのですが、拡大できなくなってくると矛盾が露呈してきて、成り立たなくなっていくのです。それを打開するために戦争が起きたりします。 ...続きを読む
こんにちは。

常に拡大していかないと成り立たない、というのが最大の問題点だと思います。拡大できるあいだは良いのですが、拡大できなくなってくると矛盾が露呈してきて、成り立たなくなっていくのです。それを打開するために戦争が起きたりします。
お礼コメント
hana2300

お礼率 81% (9/11)

回答ありがとうございます。

それも一理ありますね。これから常に拡大していけるのか心配です。
投稿日時 - 2007-06-03 08:42:18
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 30% (1916/6192)

こんにちは。 資本主義である限り、搾取がなくならないと思います。 私たち先進国の人間は、途上国の物を、 安く買い叩いているので、今の生活があるのです。 持てる者は既得権を手放さないために、 世界を変えようと自分の利益を手放したりせず、 今までどおりの仕組みを維持しようとします。 途上国の穀物を、食用ではなく燃料や家畜の飼料のために、 先進国が安く買うので、飢餓がなくならない ...続きを読む
こんにちは。

資本主義である限り、搾取がなくならないと思います。

私たち先進国の人間は、途上国の物を、
安く買い叩いているので、今の生活があるのです。

持てる者は既得権を手放さないために、
世界を変えようと自分の利益を手放したりせず、
今までどおりの仕組みを維持しようとします。

途上国の穀物を、食用ではなく燃料や家畜の飼料のために、
先進国が安く買うので、飢餓がなくならないのだ、とも聞いています。
それを聞いて、わたしは本気でかなしくなって、肉食をやめました。

資本主義経済はピラミッド状の身分制度みたいなもので、
みんながピラミッドの頂点に立つことは不可能なんです。
だから#4さんの言うように、拡大しつづけないと崩壊する。
自分の下に入る者を求め、
上にのぼらせないようにしなければならない。
国家的レベルのねずみ講のようにさえ感じますね・・・^^;

人類という種の中で搾取は終わらず、
搾取は自然環境にも及んでいると思います。
環境問題は、自然から搾取し続けている限り悪化するのでしょう・・
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 50% (72/143)

 資本主義経済を維持していくためには「言論の自由」を保証しなければなりません。情報公開して言論の自由を保証してこそ、需要と供給のバランスなど、市場のメカニズムが働くのです。このため、現政府を批判する自由も保証されることになり、現状批判・体制批判の意見も公表され、あたかも危機状況にあるかのように言う人さえ、その発言が保証されるのです。  資本主義以外、例えば社会主義ではその体制を維持するためには、言論の ...続きを読む
 資本主義経済を維持していくためには「言論の自由」を保証しなければなりません。情報公開して言論の自由を保証してこそ、需要と供給のバランスなど、市場のメカニズムが働くのです。このため、現政府を批判する自由も保証されることになり、現状批判・体制批判の意見も公表され、あたかも危機状況にあるかのように言う人さえ、その発言が保証されるのです。
 資本主義以外、例えば社会主義ではその体制を維持するためには、言論の自由を保証しないことです。情報公開・言論の自由が保証されると、資本主義の良い所ばかり報道され、体制が危うくなり、旧ソ連の末期のように若者がロックとジーパンと、そしてバラ色の資本主義に憧れてしまう。それを防ぐためには北朝鮮のように情報流入に厳しいカーテンを引き、外部のニュースを取捨選択して国民に報道することに依って体制を維持する。そうすることによって、国民は「将軍様」以外は皆貧しい生活をしていて、外国では搾取がひどく、もっと国民は苦しんでいる、わが国の人民は幸せである、と思いこんで一生を終わるとすれば、これは幸せなのかも知れない。
 資本主義社会では、個人の欲望をかき立てる情報が溢れていて、常に欲求不満の人がいることです。ある人は「それでこそ資本主義は更にゆたかになる」と言い、別の人は「国民は常に欲求不満の状態にある、異常な社会だ」と言うでしょう。
 「格差」について言えば、今日日本の格差は非常に縮まっている、と言うべきだと思います。例えば戦前に比べて、あるいは戦争直後には「女中さん」「お手伝いさん」「書生さん」などがいたのは所得格差が大きかったからだと思います。相続税、所得累進課税がフラットになってきたのも、格差が縮まったからこうした税制が支持されるのだと思います。
 それでもジョン・ロールズの『正義論』からの「格差原理」が実体以上に意識されるのも、資本主義が市場のメカニズムを生かすために報道の自由を保証しているからだと考えます。
 資本主義社会では情報をコントロールする政府機関・正義のスーパーマンは存在しません。自分で情報を取捨選択しないと、詐欺に引っかかることもあります。情報選択の上手下手によって人生が変わる、というのも資本主義社会のデメリットと感じる人もいるでしょう。
 話を膨らませて行くとキリがないのでこの辺で。と言うことでいかがでしょうか?
  • 回答数6
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ