総ありがとう数 累計4,382万(2015年3月6日現在)

【新企画】原発再稼働について質問募集中!
-PR-
p-panther

ベンゼンに混酸を反応させ、ニトロベンゼンの合成を行ったのですが、
反応温度を70度以上にあげてしまったために、m-ジニトロベンゼンの副生が予想されるのですが、混酸とニトロベンゼンを分液するときに、m-ジニトロベンゼンは混酸の層にあるのでしょうか?
m-ジニトロベンゼンは水に難解なため、ニトロベンゼン層にある気もしますが、比重が硝酸よりも大きいのが気になります。
知っていたら、教えて下さい。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2007-05-23 22:58:10
  • 回答No.1
noname#62864

>混酸とニトロベンゼンを分液するときに、m-ジニトロベンゼンは混酸の層にあるのでしょうか?
違います。

>m-ジニトロベンゼンは水に難解なため、ニトロベンゼン層にある気もしますが、比重が硝酸よりも大きいのが気になります。
ニトロベンゼン、ジニトロベンゼン等が混ざった状態になり、その密度が混酸(の残骸?)の密度よりも大きければ下に沈み、小さければ上に浮くということです。
補足コメント
回答ありがとうございます。
ニトロベンゼンとジニトロベンゼンは一緒にあるんですね。
昆酸と分液したあと、水酸化ナトリウムで洗浄したのですが、そのときもジニトロベンゼンはニトロベンゼンから分離しないですか?
投稿日時 - 2007-05-24 19:36:01
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数1
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


第1回『原発再稼働』について質問募集中!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ