総ありがとう数 累計4,311万(2014年11月28日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
Makrone

今日突然、プリンターの調子が悪くなり困っています!
何度やってみても「エラー5100 エラーが発生しました」と出ます。
普通に立ち上がって「コピー」などの印刷系のボタンを押すと、上記の表示になり、まったく印刷が出来ません。
カードの読み込みなど他の機能は使えるのですが・・・
機種はキャノンの複合機MP500です。
キャノンのHPを見ても「エラー5100」がどういうものなのかわかりませんでした。。
カスタマーサービスも今日はもうやっていないので、困っています。
明日の朝までに何とか使えると助かるのですが・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
(1)自分で回復可能なエラーなのか
(2)可能な場合はその方法
(3)わかる場合は、エラーになったその原因
などを教えて頂けると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします!
  • 回答数1
  • 気になる数1

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2007-04-29 11:42:08
  • 回答No.1
プリンタの修理屋です。

5100と言うのはキャリッジエラーといわれるものです。
ヘッドをセットして左右に動く部分をキャリッジといいます。
この部分の動作が悪くなるとこのエラーが表示され、基本的に修理での対応となります。
ただ、事例から見るとユーザー自身で回復できるケースもありますので参考までに確認方法と対処方法を書いておきます。
普通のプリンタと異なり、非常にやりにくいので慎重に行ってください。
1.プリンタの電源を入れ、スキャナユニットを持ち上げ、インク交換の状態にします。
2.その状態で電源コードを抜きます。
3.スキャナユニットを上げたままで、奥にあるカバー(CD-R印刷用のトレイ)をあけます。
4.キャリッジを左端の方に移動させます。
5.懐中電灯などで奥を照らすと分かりやすいのですが、黒っぽいゴムの細いベルトがあり、その手前1cmくらいのところにグレーの半透明のフィルムがあるはずです。(幅5mm程度)
6.懐中電灯で照らすと、どこかに(比較的右側の方が多いようです)白っぽい汚れが付いていると思います。
7.ティッシュなどを使いフィルムのその部分を指で挟みこむようにして拭き取ります。フィルムはバネでテンションをかけていますので多少は引っ張れますが、無理をすると切れてしまいますのでご注意を。
私はアルコールで拭いた指で直接行うこともあります。
ティッシュを使うと、下の方にあるガイドシャフトのグリスが付いてしまい二次汚染が発生する恐れがあるからです。
8.キャリッジを中央付近に戻し、スキャナユニットとCD-Rと例を閉めて電源を入れます。

このフィルムはエンコーダーと言って、キャリッジ(ヘッド)の位置を拾って動作を制御するためのものです。
汚れることによって正常に読み取れなくなりエラーとなることがあります。
当然読み取るセンサ側の不良のケースもありますが、過去の事例では90%以上はフィルムの汚れでした。

原因は不明なものが多いのですが、紙が詰まり取り除く時にガイドシャフトのグリスが付着したように思えるものが多いようです。
5年も6年も使っているものでは、キャリッジのベルトの側面がほつれてきて繊維分が飛び出し、ガイドシャフトのグリスを持ってきてフィルムを汚すケースがありました。
ただ、最近の機種では(MP500も含みます)位置関係を改善し、この現象は起こらないようになっているはずです。

単機能プリンタではやりやすい作業でも、複合機となるとやりにくい作業ですので、無理は禁物です。
お礼コメント
とても丁寧なご回答をありがとうございました!
ちょっとむずかしそうな作業ですが、時間があるときに慎重にやってみたいと思います。
特に何もせずに、買ってまだ1年もたたないので、このようなエラーになってショックですが・・やってみてもダメでしたら、キャノンに連絡するか、もしかしたら買いなおしたほうが安そうですね・・。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2007-05-01 16:08:29
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数1
  • 回答数1
  • 気になる数1
  • ありがとう数193
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ