総ありがとう数 累計4,307万(2014年11月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
rarari

今年から専門学校で勉強しているのですが、解剖生理学が高校の生物の知識を前提としているようで、選択していなかった私には正直ピンときません。
細胞の勉強をしているのですが、ナトリウムポンプの働きについて教科書だけではよく理解できませんでした。サイトでも探したのですが、説明の上手な方、是非教えてください。
  • 回答数3
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全3件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2007-04-18 21:53:16
  • 回答No.2
ナトリウムポンプというのはNa+-ATPaseというタンパクのことで、細胞膜を貫通しています。
その働きですが、細胞内にあるATPのリン酸結合のエネルギーを利用して、Na+を細胞外に汲み出し、同時にK+を細胞内に取り込みます。
神経の興奮伝達や、小腸での吸収、尿細管での再吸収など多くの場面で登場します。
このようにエネルギーを用いて積極的に行なわれる物質の輸送を「能動輸送」っていいます。逆に、濃度やイオンの勾配のような物理的化学的法則に従ってされるがままの輸送を「受動輸送」といいます。

分子生物学や細胞生物の入門的な教科書に詳しく載っていると思います。生理学の教科書だと、ある程度前提知識として扱われているようです。
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。授業も化学や生物の知識を前提としているようなところがあってすごく苦労しています。参考書を探してみたいと思います。
投稿日時 - 2007-04-22 21:14:27
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全2件)

  • 2007-04-22 15:48:41
  • 回答No.3
ナトリウムカリウムポンプのことですね。

通常は、細胞内にK+が多く、細胞外はNa+の濃度が高いのです。
ある刺激でNa+がどっと内部に入ってくることにより神経が興奮します。
次に興奮するためには最初の状態に戻す必要があり、ここでナトリウムカリウムポンプが活躍します。
脳内のATPの約70%がナトリウムカリウムポンプで消費されます。
お礼コメント
わかりやすいご回答をありがとうございます。すっごく大事な生命の仕組みですよね。
投稿日時 - 2007-04-22 21:17:16
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-04-18 19:16:19
  • 回答No.1
ナトリウムポンプとは…別名ナトリウムカリウムポンプの事でしょうか?

主に神経伝達経路の説明に使われますが神経細胞内にNa+。外にK-が分布しています。

ある刺激によってその部位に電位差が生じ、Na+が外へ、K-が中へ移動しようとします。

連鎖的に(サッカー場のウェーブのように)伝わり、脳神経に刺激を伝える。
それがナトリウムカリウムポンプの働きです。

簡単に説明しましたがここにも簡単に書いてあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E5%8B%95%E9%9B%BB%E4%BD%8D
補足コメント
お答えいただいて、サイトも教えていただいてありがとうございます。ここのウィキはかなり便利ですね。どんどん利用したいと思います。
投稿日時 - 2007-04-22 21:17:32
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • ありがとう数20
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ