-PR-
解決
済み

恋のから騒ぎの小姑

  • 暇なときにでも
  • 質問No.29269
  • 閲覧数160
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 62% (17/27)

番組の最後のクレジットでナレーター、構成の後に小姑 山田美保子という名前がでてきます。どうやら構成作家らしいのですが、なぜ他の作家さんと分けられているのか、なぜ小姑などと呼ばれるようになったか不思議です。朝の番組のエクスプレスでコメンテーターをしている山田美保子さんと同一人物なのでしょうか?とっても気になっています。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 41% (5/12)

えっと、この山田美保子さんはですね、十数年前に御結婚をなさった相手が放送作家だって事に端を発したのかどうかわかりませんが、この人はもともと放送業界でお仕事をしてなかったはずですが、数年後に離婚なさった直後から「恋のから騒ぎ」開始時にブレーン的なポジションで、突如お仕事を始められたようですね。確か彼女の年齢は、20代も後半の頃でしょうか。

当時は放送業界も制作費にゆとりもあり、特に放送作家の類に女性は多くおりませんでしたから、重要なポストを狙うのでもなければ、エンドロールに名前も出たりしますので、彼女もそんなきっかけで仕事を始め、経験を重ねて来ていると思います。
小姑という肩書きは、そのようにきっかけがありそうな業界であるだけに、あくまで台本を書いている人も「放送作家」であるプライドもありますので「ブレーン」って程に番組の頭脳的となるような内容の意見を期待されているというのでもないので、山田氏の肩書きは「小姑」となったと、関係者からは聞いた事があります。

それから、朝の番組出ていますよ。それです、それです。山田美保子さんは。
お礼コメント
sisqo

お礼率 62% (17/27)

なるほど。それでこの番組オリジナルの小姑というポジションができた訳ですか。深い理由があったんですねえ。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-18 10:10:19
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 28% (21/75)

女性セブン等でコラムニストやっていたり、某雑誌で渡辺満里奈バッシング載せたりしている人。 他放送作家。  ナンシー関サンのように?けっこう批判するから、「小姑」なる称号を与えられたのでは? 双葉文庫”ヘンだと思ってたけど やっぱりヘンだった あのヒトたち”山田美保子著 他を、BOOKOFF等で探して読んでみては・・・? 私は男ですけど・・・中々オモロイ。 ...続きを読む
女性セブン等でコラムニストやっていたり、某雑誌で渡辺満里奈バッシング載せたりしている人。 他放送作家。 
ナンシー関サンのように?けっこう批判するから、「小姑」なる称号を与えられたのでは?
双葉文庫”ヘンだと思ってたけど やっぱりヘンだった あのヒトたち”山田美保子著 他を、BOOKOFF等で探して読んでみては・・・?
私は男ですけど・・・中々オモロイ。
お礼コメント
sisqo

お礼率 62% (17/27)

ナンシー関さんみたいな毒舌系だったんですか、それでエクスプレスにキャスティングされた理由も解りました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-18 09:58:47


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ