OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

赤字は社員負担するものなの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2919
  • 閲覧数283
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 23% (18/76)

私の職場の先輩が退職を願い出たところ、社長に「おまえが出した赤字を現金で返したらやめてもいい」と受け取れるような脅し文句のような事を言われたそうです。
この社長の発言は法的に問題ないのでしょうか。(ちなみにその先輩は平社員です)
 赤字を出した原因は、私が見ているところ会社が業務のフォローをしなかったのが最大の原因のように見えます。その先輩は決して勤務態度が優良とゆうわけでは無いのですが
特に問題社員という訳でもないごく普通の社員が通常業務をしていただけです。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.1

会社の受けた損害が、社員の故意か過失によるものでない、通常の業務の範囲内で生じたものならば、賠償する責任はないと思います。そうした状況下で生じた損害は会社が負担すべきもので、個人が負担するとしたら、会社組織の存在意味がなくなります。
会社の受けた損害が、社員の故意か過失によるものでない、通常の業務の範囲内で生じたものならば、賠償する責任はないと思います。そうした状況下で生じた損害は会社が負担すべきもので、個人が負担するとしたら、会社組織の存在意味がなくなります。
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 3% (1/28)

労働基準監督署に相談してみては。
労働基準監督署に相談してみては。
  • 回答No.3

労働基準監督署とか、あるいはいきなりそこへ行く前に、市役所や県庁などには労働問題に関して相談にのってくれる部署があるので、まずそういうところへ相談するのがいいと思います。横浜市のホームページには電話番号や受付時間なども出ていました。以前給料不払いのことで相談したんですが、的確にアドバイスしてもらえましたよ。
労働基準監督署とか、あるいはいきなりそこへ行く前に、市役所や県庁などには労働問題に関して相談にのってくれる部署があるので、まずそういうところへ相談するのがいいと思います。横浜市のホームページには電話番号や受付時間なども出ていました。以前給料不払いのことで相談したんですが、的確にアドバイスしてもらえましたよ。
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

私も似たようなことを言われて退職時期がズレましたが、基本的には退職願さえ提出 してしまえば、規定期間過ぎた後には退職可能なはずです。実際にはその通りにはな らない事が多いんですけどね。 しかるべき場所に相談したほうが良さそうですね。
私も似たようなことを言われて退職時期がズレましたが、基本的には退職願さえ提出
してしまえば、規定期間過ぎた後には退職可能なはずです。実際にはその通りにはな
らない事が多いんですけどね。
しかるべき場所に相談したほうが良さそうですね。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 22% (107/466)

そう言ったならば、恐らく法的にも問題があるはずです。 しかし、言葉にはアヤがあります。 実際はどんな口調で、どんなセリフだったのでしょうか。 「やめないで、もっと我が社で頑張ってもらいたい。」と言ったような気持ちがこもっていたのではないでしょうか。 そこの所を考えて、やっぱりアホな社長であったなら、すっぱりとやめましょう。
そう言ったならば、恐らく法的にも問題があるはずです。
しかし、言葉にはアヤがあります。
実際はどんな口調で、どんなセリフだったのでしょうか。
「やめないで、もっと我が社で頑張ってもらいたい。」と言ったような気持ちがこもっていたのではないでしょうか。
そこの所を考えて、やっぱりアホな社長であったなら、すっぱりとやめましょう。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 39% (75/192)

まず会社の赤字というのはその会社の責任者つまり代表者を含む役員の責任になります。社員の責任になる場合というのは、就業規則や服務規程に明らかに反しなおかつ社員に過失があり会社に対し損害を与えたときは賠償責任が生じることがあるでしょう。それ以外の場合には判例においても責任を負うことはありません。労働者の退職する権利については民法627条①及び労働基準法に規定されています。退職手続きをしてくれない場合は監督署へ ...続きを読む
まず会社の赤字というのはその会社の責任者つまり代表者を含む役員の責任になります。社員の責任になる場合というのは、就業規則や服務規程に明らかに反しなおかつ社員に過失があり会社に対し損害を与えたときは賠償責任が生じることがあるでしょう。それ以外の場合には判例においても責任を負うことはありません。労働者の退職する権利については民法627条①及び労働基準法に規定されています。退職手続きをしてくれない場合は監督署へ。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ