-PR-
締切り
済み

膝の痛みを治したい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.28991
  • 閲覧数417
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 44% (11/25)

はじめまして。今膝の痛みで悩んでます。ジムでペダルをこぎすぎたのが原因なのですがほうっておいたままひと月近くたっても治りません。歩くにも階段を上るにも痛みます。水がたまって炎症してると思うのですが治療方法に悩んでいます。鍼・整体、整骨院、整形外科が頭に浮かんでるんですが費用を抑えて短期で治すにはどれを選べばよいのでしょうか?よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

お望みの回答とは多少異なることを最初にお断りいたします。 膝の痛みが一ヶ月も続いているとのこと、大変ですね。先ずは、きちんと診断をつけてもらう必要があると思います。もちろんあなたの膝をさわって(診察をして)、それである程度の診断をつけられるのが治療に携わる人の基本だとは思いますが、場合によってはレントゲンやCTや、さらに場合によっては靱帯などのMRIを撮って、きちんとした診断をつける必要がある場合もあり ...続きを読む
お望みの回答とは多少異なることを最初にお断りいたします。
膝の痛みが一ヶ月も続いているとのこと、大変ですね。先ずは、きちんと診断をつけてもらう必要があると思います。もちろんあなたの膝をさわって(診察をして)、それである程度の診断をつけられるのが治療に携わる人の基本だとは思いますが、場合によってはレントゲンやCTや、さらに場合によっては靱帯などのMRIを撮って、きちんとした診断をつける必要がある場合もあります。そういうことが出来るのは、やはり比較的大きい病院の整形外科ではないでしょうか。膝専門の整形外科医もいますし、ホームページを開設しているような病院であれば、整形外科の医師のプロフィールや専門科目なども載せているところもあります。
きちんと診断を受け、それに一番ふさわしい治療を受けることが、結局は一番無駄なく早く良くなる方法ではないでしょうか。


  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 33% (2/6)

ズバリ!!「十次式」をお薦めいたします。比較的安価で即効です。 TV、雑誌等でも取り上げられているようです。 ...続きを読む
ズバリ!!「十次式」をお薦めいたします。比較的安価で即効です。
TV、雑誌等でも取り上げられているようです。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 47% (80/168)

 膝の関節は歩行時には、ほぼ全体重を支え、荷物を持ったり走ったときには体重の何倍もの重量を支えます。関節は非常に複雑な構造をしていますし、膝にはたくさん重要な靭帯があります。  最初の診断はやはり整形外科で受けるべきでしょう。外から見て判断する接骨院とか柔道整復士、あるいは鍼灸、指圧などをやってる方が、レントゲン、関節鏡あるいはCT、MRIなど必要な場合これらの検査を行いうる医師より常に正しい判断を下せ ...続きを読む
 膝の関節は歩行時には、ほぼ全体重を支え、荷物を持ったり走ったときには体重の何倍もの重量を支えます。関節は非常に複雑な構造をしていますし、膝にはたくさん重要な靭帯があります。
 最初の診断はやはり整形外科で受けるべきでしょう。外から見て判断する接骨院とか柔道整復士、あるいは鍼灸、指圧などをやってる方が、レントゲン、関節鏡あるいはCT、MRIなど必要な場合これらの検査を行いうる医師より常に正しい判断を下せるとは思いません。ただし、これらの治療を否定してるわけではありません。診断レベルでは少なくとも整形外科がいいかと思います。正しい診断が(状態の把握)がなければ正しい治療はありえないのですから(運良くまぐれで治ることはありますが)。
 とりあえず整形外科を受診(健康保険が使えますから、他の自費診療のところより安いと思いますが..。)して治らなければまた相談してください。あ、やぶ医者といわれる人もいますから、その点はご考慮ください。
  • 回答No.4

sisobeさんのおっしゃっていることは非常に良くわかります。確かに接骨院や柔道整復士は当たり外れがあります。下手な柔道整復士の所へ行って却って悪化したという例もありますから。でも整形外科でレントゲン、CT、MRIの検査を受けても完璧に患部の状態が分かるわけではありません。 私の家内は足首を登山中に骨折して、町でも評判の良い病院の整形外科で手術を受けてリハビリも充分に行なって一応治ったのですが、しばらく ...続きを読む
sisobeさんのおっしゃっていることは非常に良くわかります。確かに接骨院や柔道整復士は当たり外れがあります。下手な柔道整復士の所へ行って却って悪化したという例もありますから。でも整形外科でレントゲン、CT、MRIの検査を受けても完璧に患部の状態が分かるわけではありません。
私の家内は足首を登山中に骨折して、町でも評判の良い病院の整形外科で手術を受けてリハビリも充分に行なって一応治ったのですが、しばらく経っても歩くと足が痛くて悩んでいました。それで私の掛かり付けの整骨院に連れて行ったら「これは関節が少しずれてるね。」ということで治療してもらったらすぐに良くなりました。その後何年も経ちますが後遺症は全然ありません。その整骨院の先生に言わせるとレントゲンなどでは関節のずれは数ミリ単位でしか分からないそうで、1ミリでもずれていると痛みが残る場合が多いそうです。手術を行なった整形外科の先生も評判の良い先生ですが、その整骨院は町でもすこぶる評判が良く、口コミではるばる遠方から患者さんが通って来るほどです。その先生は昔、上述の病院に理学療法士として通っていたこともあり、整形外科の知識にも詳しかったのですが。
まあ、私のような例はあまりないと思いますが、整形外科も完璧ではないということです。ですから、sisobeさんの言われるようにまず整形外科で診察してもらって、納得がいかなかったら評判の良い整骨院を探して診てもらうというのも考えたらいかがでしょうか。
素人が生意気なことを言って申し訳ありませんが。
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 50% (15/30)

重症なようですのでやっぱり専門家の診断をお勧めしますが、健康食品としてはここ最近ひざ痛などの関節炎にグルコサミンとコンドロイチンがよく効くということでさまざまな商品が出ています。 ひざ痛などは高血圧とかコレステロールと違って結果が体感できるのですが、健康雑誌「ゆほびか」1999年12月号の特集によれば摂取した7割の人が効き目を実感したとのことです。インターネットの検索エンジンで「グルコサミン」「コン ...続きを読む
重症なようですのでやっぱり専門家の診断をお勧めしますが、健康食品としてはここ最近ひざ痛などの関節炎にグルコサミンとコンドロイチンがよく効くということでさまざまな商品が出ています。

ひざ痛などは高血圧とかコレステロールと違って結果が体感できるのですが、健康雑誌「ゆほびか」1999年12月号の特集によれば摂取した7割の人が効き目を実感したとのことです。インターネットの検索エンジンで「グルコサミン」「コンドロイチン」「ひざ痛」と打ち込めばいろいろ出てきますよ。
  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 50% (1/2)

いま有名メーカーで出されているような 飲むヒアルロン酸は絶対に効きません 効いている人がいるのは それは効いているのではなく 効くといわれて飲んだから 効いたように感じているんです  このことは医学界の論文でも何通も報告されていて ヒアルロン酸は飲むと胃で糖に変わることが証明実証されています  ということは 飲むヒアルロン酸は 砂糖を呑んでいるのと同じということです。  ではなぜCMは停めら ...続きを読む
いま有名メーカーで出されているような
飲むヒアルロン酸は絶対に効きません
効いている人がいるのは それは効いているのではなく
効くといわれて飲んだから 効いたように感じているんです
 このことは医学界の論文でも何通も報告されていて
ヒアルロン酸は飲むと胃で糖に変わることが証明実証されています
 ということは 飲むヒアルロン酸は 砂糖を呑んでいるのと同じということです。
 ではなぜCMは停められないのか それはTV局のりえきの為です
だってあのCMのおかげでつきに数十億が入るんですから
効きませんよ って報道したら その数十億が入ってこないから報道はしないんです。
論文のことは厚労省も局も分かっているはずですから おそらく三年後には報道されるはずですけどね。
 話がずれてしまいましたが 札幌ですけど小さいけど有名な整骨院があります。
そこは小さいながらわざわざ飛行機で来院する患者さんもいるほどの腕が良いと有名な整骨院です
参考までにURLのせておきますね
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ