-PR-
締切り
済み

本を紹介してください

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2844
  • 閲覧数30
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

過去に読んだ本の中で、泣けた奴を教えてください。
悲劇よりも感動ものの方がいいです。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/2)

『アルケミスト』『たんぽぽのお酒』。泣く理由はひとそれぞれだと思うものの、人のつながりってあったかいなあ。とか人はそれぞれの心の中に誰も触ることのできない領域を持っているから、お互いその領域を大事にしたいなあ。なんて思った本です。 アルケミストはなんとかパウロが書いた本で文庫になってます。『たんぽぽ・・』のほうは晶文社というところからハードカバーで出てます(レイブラッドベリ) ...続きを読む
『アルケミスト』『たんぽぽのお酒』。泣く理由はひとそれぞれだと思うものの、人のつながりってあったかいなあ。とか人はそれぞれの心の中に誰も触ることのできない領域を持っているから、お互いその領域を大事にしたいなあ。なんて思った本です。
アルケミストはなんとかパウロが書いた本で文庫になってます。『たんぽぽ・・』のほうは晶文社というところからハードカバーで出てます(レイブラッドベリ)
補足コメント
noname#25358

ありがとうございます。
というわけでチェックしました。
これを書いている時点で明日金曜日なので、本屋に行ってみようと思います。
とくに「たんぽぽ」の方が、タイトルからして興味を引かれました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 26% (26/97)

女性だったらダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」 猫好きだったらロバート・ハインラインの「夏への扉」 2冊とも早川文庫で出ています。 ...続きを読む
女性だったらダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」
猫好きだったらロバート・ハインラインの「夏への扉」
2冊とも早川文庫で出ています。
補足コメント
noname#25358

 残念ながら男性なのですが(笑)、アルジャーノンは読もうかどうか悩んでいました。ダニエル=キイスが好きなのでして。
 でも猫好きでもあります(笑) ……どっちにしよう(笑)
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (107/466)

貴方が男だったら、人生に迷っていることがあるなら、 そして少しでも冒険に興味があるならば、 漫画ですが、「OnePiece!」。 単行本でじっくり読んでいると、結構泣けますよ。 ...続きを読む
貴方が男だったら、人生に迷っていることがあるなら、
そして少しでも冒険に興味があるならば、
漫画ですが、「OnePiece!」。
単行本でじっくり読んでいると、結構泣けますよ。
補足コメント
noname#25358

 別に人生に迷っているわけではないのですよ。
 てゆーか俺自身、「人生に迷う」なんて言葉とは全く無縁な生活をしているんでですね(笑)
 「ちょっといい話」が読みたいのですよ。漫画なら読みやすいかも知れません。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 28% (69/238)

私の場合、、、 小学生の時に読んだ椋鳩十の「マヤの一生」、 16の時に読んだ灰谷健次郎の「太陽の子」。 『泣ける』かわかりませんが、ヘッセの「デミアン」、宮本輝の「錦繍」も 深く感動しました。 ...続きを読む
私の場合、、、
小学生の時に読んだ椋鳩十の「マヤの一生」、
16の時に読んだ灰谷健次郎の「太陽の子」。
『泣ける』かわかりませんが、ヘッセの「デミアン」、宮本輝の「錦繍」も
深く感動しました。
補足コメント
noname#25358

「マヤの一生」は世界不思議発見で色々見た奴なのでちょっと興味を引かれました。
 読みやすそうなので本屋で探してみますね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 50% (1/2)

『100万回生きたねこ』 悲劇じゃないですよ。これは。 人と年齢と境遇によって、受け止め方が全然違うものになるみたいです。 1977年10月10日の初版第1刷から、2000年3月27日の初版第69刷まで、 元の姿のままでいることが、この本の人気の証ですね。 作・絵:佐野 洋子/出版社:講談社/価格:1300円(税別) ...続きを読む
『100万回生きたねこ』
悲劇じゃないですよ。これは。
人と年齢と境遇によって、受け止め方が全然違うものになるみたいです。
1977年10月10日の初版第1刷から、2000年3月27日の初版第69刷まで、
元の姿のままでいることが、この本の人気の証ですね。

作・絵:佐野 洋子/出版社:講談社/価格:1300円(税別)
補足コメント
noname#25358

これは某アニメに登場した某ですね(笑)
まさか実在するとは知りませんでした。それにしても初版のまま69刷とは! すごい説得力です(笑)
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

「日本一短い母への手紙」 どーもミソ超えてからこーゆーのにゆるゆるしちゃうんですよね(笑) ...続きを読む
「日本一短い母への手紙」
どーもミソ超えてからこーゆーのにゆるゆるしちゃうんですよね(笑)
補足コメント
noname#25358

なんで質問する前にこの本が思い浮かばなかったんだろう(^_^;
別にミソジすぎたわけではないのですが、俺も母親には迷惑かけっぱなしという『負い目』がありますので、気持ちよく分かります(笑)
紹介いただいた本の中でどれを読んだというわけではないのですが、母親ネタ(笑)というわけでこの回答をマスターとして指名させていただきます。
みなさんありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ