-PR-
締切り
済み

プロザックとお酒

  • すぐに回答を!
  • 質問No.28427
  • 閲覧数2009
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 25% (1/4)

プロザックとアルコールを一緒にとってはいけないと
インターネットで見ました。でも 理由が書いてなくてわかりません
どなたか わかる方がいたら教えて下さい
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1

薬の作用が強くなってしまうからです。作用の増強のほかに、薬の種類によって、眠気の拡大、一過性健忘、ふらつきが出るなど、さまざまな副作用が心配されます。 私の場合、現在7種類の薬を毎日7錠飲んでいますから、寝酒などできません。プロザックより強いといわれる「パキシル」などですから、それこそコンパで酒を飲めば、セクハラなどは日常茶飯事になってしまうでしょうね。 #と言いながら飲んでいて、さして問題はない。 ...続きを読む
薬の作用が強くなってしまうからです。作用の増強のほかに、薬の種類によって、眠気の拡大、一過性健忘、ふらつきが出るなど、さまざまな副作用が心配されます。
私の場合、現在7種類の薬を毎日7錠飲んでいますから、寝酒などできません。プロザックより強いといわれる「パキシル」などですから、それこそコンパで酒を飲めば、セクハラなどは日常茶飯事になってしまうでしょうね。
#と言いながら飲んでいて、さして問題はない。
#学生だからだろうか。。。
お礼コメント
mirk

お礼率 25% (1/4)

さっき書いたばかりなのに 速い返事ありがとうございます
書き足りなかったのですが 私の場合薬が効かなくなってしまうような気がします
食欲が出て(薬が効いていて気分の良いときは食欲がなくなるんです) お酒を飲んだそのときは良いんですが次の日 めちゃめちゃ落ちます
これは 副作用が強くでてしまうって事なんでしょうか?
投稿日時 - 2001-01-15 18:28:41


  • 回答No.2

回答が遅くなり、申し訳ありません。 今日、主治医に聞いたところ、食欲旺盛になることも副作用として考えられるとのことでした。 あと、大事なのは血流の問題です。血管内に薬の成分とアルコールが同時に入るわけですから、血液の運搬がうまくいかないということも考えられるわけです。 もっと大事なこと。アルコールも薬も、飲むと肝臓に負担がかかります。私は7年間飲みつづけていますが、肝臓の機能が黄信号というところ ...続きを読む
回答が遅くなり、申し訳ありません。
今日、主治医に聞いたところ、食欲旺盛になることも副作用として考えられるとのことでした。
あと、大事なのは血流の問題です。血管内に薬の成分とアルコールが同時に入るわけですから、血液の運搬がうまくいかないということも考えられるわけです。

もっと大事なこと。アルコールも薬も、飲むと肝臓に負担がかかります。私は7年間飲みつづけていますが、肝臓の機能が黄信号というところまできています。そういうわけで、できる限りアルコールはやめましょう、というのが結論です。

副作用として面白いのは、同じ抗うつ剤でも、リタリンは不眠、怒りっぽいなどの副作用を催すそうです。余談ですが。

以上、補足の回答とさせていただきます。
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 45% (5/11)

回答の前に、まず「No.2 回答者:sassy」様。リタリンを抗鬱薬に分類して おられますが、リタリン(塩酸メチルフェニデート)は決して抗鬱薬では御座い ません。分類的には精神賦活薬となります。作用的には「中枢神経興奮薬」 ですから、イライラが出たりしても当然です。いわゆる覚醒剤と呼ばれる アンフェタミンやメタンフェタミン程は強くありませんが、覚醒作用がある のは確かです。構造的には非合法の薬物 ...続きを読む
回答の前に、まず「No.2 回答者:sassy」様。リタリンを抗鬱薬に分類して
おられますが、リタリン(塩酸メチルフェニデート)は決して抗鬱薬では御座い
ません。分類的には精神賦活薬となります。作用的には「中枢神経興奮薬」
ですから、イライラが出たりしても当然です。いわゆる覚醒剤と呼ばれる
アンフェタミンやメタンフェタミン程は強くありませんが、覚醒作用がある
のは確かです。構造的には非合法の薬物に類似しており依存性も認められます。
よって、抗鬱薬として安易に服用するべきではない為、敢えて抗鬱薬と同じ
分類にしないで下さい。どんな抗鬱薬も効果が認められない場合の、究極な
対処両方。最終兵器。精神科医でなければ処方する事すら出来ず、第一種群
の向精神薬に指定されています。


そして、本来の質問への御回答です。
まず、アルコールも一種の薬物であると考えて下さい。
本来、どんな薬物であっても体にとっては有害な物であり、たせから肝臓で
分解し代謝します。肝臓の中でもいくつかのセクションがあり、この薬物を
分解するのはココの様に得意分野が決められています。

プロザックの成分を分解する部分とアルコールを分解する部分が同じだった
場合、さて、どうなるでしょうか? 一つに、肝臓への負担が増えますよね。
もう一つに、代謝に時間がかかってしまうんです。

プロザックの正確にデータが手元にないのですが、通常、薬にはt/maxと
h/halfという値があります。まず、薬を服用後、何時間で血中濃度が最高
に達するかの時間です。同じくt/halfとは血液中の薬物が半分の値になる
目安の時間です。

もし、プロザックとアルコールの肝臓での代謝部位が一緒だった場合、
t/halfか大幅に長くなる可能性もあります。これを連日行っていると、
最悪プロザックの血中濃度が上がり過ぎ中毒症状を引き起こす場合も考え
られます。

そして、アルコールとの相互作用により、両者の働きが強くなる事もあります。
基本的に、どんなお薬もアルコールとの併用は厳禁です。本来、安全性に
定評あるBZ系の眠剤などでの、アルコール併用による死亡例もありますし、
酒と一緒に薬を飲んで事故が起きても基本的には自己責任扱いとなります。

飲むなら控えめにして、薬を飲む時間と十分離す様にして下さい。
  • 回答No.4
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

ワイルドな私はプロザックのジェネリックを服用していました。酒は弱くないのですがブツを服用中に飲酒すると少量のアルコールで記憶が飛びました、それでも酒が止めれなかったので服用と飲酒を続けていましたら、脳が馴れたのか記憶が残っている事が多くなりました。
ワイルドな私はプロザックのジェネリックを服用していました。酒は弱くないのですがブツを服用中に飲酒すると少量のアルコールで記憶が飛びました、それでも酒が止めれなかったので服用と飲酒を続けていましたら、脳が馴れたのか記憶が残っている事が多くなりました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ