-PR-
締切り
済み

缶詰製品について!!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.26535
  • 閲覧数49
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 7% (2/26)

缶詰製品は長期保存は出来ることが利点であるが
そのためにおこなっている工程がいくつかある。
どのような操作・それぞれの目的などご存知なかたいましたら
是非教えてください。
よろしくお願いします!!
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

ここのURLはわかりやすいと思います。 製造過程をリンクしましたが、TOPページから見てみると缶詰について色んなことがわかります。 ...続きを読む
ここのURLはわかりやすいと思います。
製造過程をリンクしましたが、TOPページから見てみると缶詰について色んなことがわかります。


  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/2)

お急ぎの様ですので、要点だけ。 微生物の生育に必要な水分、酸素を除去することが缶詰の保存期間を長くしている理由です。 水分:砂糖漬けにしたり、油漬けにすることで、缶内の水分含量を落とします。 酸素:脱気・密閉により、缶内の酸素は除去されます。 適当な説明でゴメンナサイ。
お急ぎの様ですので、要点だけ。
微生物の生育に必要な水分、酸素を除去することが缶詰の保存期間を長くしている理由です。
水分:砂糖漬けにしたり、油漬けにすることで、缶内の水分含量を落とします。
酸素:脱気・密閉により、缶内の酸素は除去されます。
適当な説明でゴメンナサイ。
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/2)

1点大事なことを書き忘れました。それは、加熱工程です。脱気、密閉後に、100℃で、加熱殺菌します。微生物に殺菌と同時に、酵素に不活性化を行うことで腐敗・褐変等を防ぎます。もう1点。密閉工程では加圧を行うため、加熱と同じ位の滅菌効果があると考えられます。脈絡のない説明でゴメンナサイ。
1点大事なことを書き忘れました。それは、加熱工程です。脱気、密閉後に、100℃で、加熱殺菌します。微生物に殺菌と同時に、酵素に不活性化を行うことで腐敗・褐変等を防ぎます。もう1点。密閉工程では加圧を行うため、加熱と同じ位の滅菌効果があると考えられます。脈絡のない説明でゴメンナサイ。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ