-PR-
解決
済み

マル優

  • 困ってます
  • 質問No.26497
  • 閲覧数1118
  • ありがとう数21
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 29% (7/24)

 死亡者のマル優預貯金はどうしたらいいですか?
郵便局はすぐ係の人が来ました。他の金融機関はどうしたら?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル5

ベストアンサー率 25% (1/4)

まず、郵便局の人が来たのは、行政から本人死亡の通知が郵政省に届いたのだと思います。一般の金融機関では、渉外担当者などが、死亡の事実を知り得たときに、口座(普通預金、定期預金など)に支払い差し止めを設定します。この状態になったときには、窓口でいくら解約しようとしても、相続手続きをしなければなりません。これは、マル優でも分離課税でも関係有りません。相続手続きをしていれば、後で、トラブルになることもないですし、税務署にも咎められることも有りません。また、銀行が知っていない段階で、解約手続きをすることは可能ですが、後々、相続人や税務署の追及に対しては、法的効力を失います。相続手続きをすることをお勧めします。また、相続手続き中には、死亡した本人の預金は、法事や葬儀費用のみ領収書を提示することで、出金できます。
お礼コメント
charu

お礼率 29% (7/24)

手続きをした方がのちのち安心なのですね。面倒でもしようと思います。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-19 09:27:34
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/1)

まずは、死亡者の預金があると考えられる金融機関にお電話し、預金があるかどうかを確認したほうがいいと思います。 もし、あなたがその預金があることを知っているならば、すぐに相続手続きの準備をします。 死亡者の相続人を知るために、戸籍謄本が必要です。また、相続者全員の印鑑証明書、及び全員の署名捺印がされた念書が必要です。 色々準備しなくてはいけないので、まずは、その金融機関に相談してください。
まずは、死亡者の預金があると考えられる金融機関にお電話し、預金があるかどうかを確認したほうがいいと思います。
もし、あなたがその預金があることを知っているならば、すぐに相続手続きの準備をします。
死亡者の相続人を知るために、戸籍謄本が必要です。また、相続者全員の印鑑証明書、及び全員の署名捺印がされた念書が必要です。
色々準備しなくてはいけないので、まずは、その金融機関に相談してください。
  • 回答No.2

#1は正しい方法です。 ただ、相続がきまるまで預金を下ろすことができません。 銀行の分は相続のことは何も言わずに解約してしまったほうが楽です。もちろん事前に相続人との打ち合わせは必要ですが。 ...続きを読む
#1は正しい方法です。
ただ、相続がきまるまで預金を下ろすことができません。
銀行の分は相続のことは何も言わずに解約してしまったほうが楽です。もちろん事前に相続人との打ち合わせは必要ですが。
補足コメント
charu

お礼率 29% (7/24)

 回答ありがとうございました。
銀行は解約した方が・・ありましたがマル優枠も出来るのですか? 
投稿日時 - 2001-01-11 10:56:30
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 18% (41/224)

父が亡くなった時と同じです。養老保険に入ってたので。。。 すぐ銀行へ行きましたが、下ろせませんでした。 亡くなった事を内緒にしたり、相続の手続きを済まさないと、違法に成るようです。近所だと嘘つけないし。 お葬式、入院費の精算。。。支払いが色々在るのに、直系遺族としては不便さを感じました。
父が亡くなった時と同じです。養老保険に入ってたので。。。
すぐ銀行へ行きましたが、下ろせませんでした。
亡くなった事を内緒にしたり、相続の手続きを済まさないと、違法に成るようです。近所だと嘘つけないし。
お葬式、入院費の精算。。。支払いが色々在るのに、直系遺族としては不便さを感じました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ