OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

生産緑地法の解釈についてどなたか教えて下さい。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.248396
  • 閲覧数581
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 86% (176/204)

ファイナンシャルプランナーの勉強をしている者です。生産緑地法の14条に「申し出の日から3ヶ月以内に所有権の移転が行われなかった時は、同法の行為制限が解除される」とありますが、「行為制限が解除される」とはどういうことでしょう?かみ砕いて言うと何ができるようになるのでしょうか?教えて下さい!よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 要するに、その土地は生産緑地法の農地等としての管理義務(7条)、工作物の設置などの制限(8条)、8条違反の原状回復(9条)から解放されるということです。つまり、普通の土地と同じようになるということです。
お礼コメント
noritama55

お礼率 86% (176/204)

「普通の土地と同じようになる」という言葉でよくわかりました。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-08 00:13:55
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 38% (214/563)

 その生産緑地法第14条の条文の前段がないと「同法」がわかりませんが、「行為制限が解除される」ということは、「してはならないと規定されることがしてもよくなる」と読めばよろしいかと思います。  従って、同法とされる法令の「行為制限」として掲げてあるものが生産緑地法上はなくなるということで、その同法が一般法であれば特別法優先の原則に当てはめて解釈します。 ...続きを読む
 その生産緑地法第14条の条文の前段がないと「同法」がわかりませんが、「行為制限が解除される」ということは、「してはならないと規定されることがしてもよくなる」と読めばよろしいかと思います。
 従って、同法とされる法令の「行為制限」として掲げてあるものが生産緑地法上はなくなるということで、その同法が一般法であれば特別法優先の原則に当てはめて解釈します。
お礼コメント
noritama55

お礼率 86% (176/204)

どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-08 00:14:48


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ