OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

自己破産について

  • 困ってます
  • 質問No.247399
  • 閲覧数99
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

以前からサラ金で借金を重ねてきた義兄がとうとう自己破産することになりました。義兄の借金は友人知人に借りた分を除いても1000万近くあり、家族もいるため到底返していける金額ではありません。1月の半ば頃弁護士費用を私達が貸し、すぐに手続きを開始、その後も弁護士のいうとおり進めてきたようです。そろそろ3ヶ月近く経ちますが、電話で聞いてもまだ免責にはなっていないようです。この間、一社より逆に訴えられ、返済を迫られたたためそこだけでも返したほうがよいのではと弁護士に相談したそうですが返さなくてよいといわれたそうです。しかしそこが義兄の会社当てに給料の差し押さえを要求してきた為会社に知れる事となり、こんどは会社から解雇を申し渡されたということです。破産は解雇事由にあたらないことは義兄も知っていますが、このまま今の会社にいるのは無理だと考えているようです。質問は2点です、このように免責に時間がかかる理由は何でしょう、このままの状態で免責になることができるのでしょうか?2つ目、会社を辞めるにしてもこちらに最も有利になる辞め方はあるでしょうか?義兄も身から出た錆とはいえ、一度にすべてを無くしたような気持ちでかなり落ち込んでいるようです。少しでも助けになればと思っています。長くなりましたがアドバイスをお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

再登場、elcondolです。
僕が勤めてる会社で以前クビになった人がいましたが給料一か月分がで(これは法律で決まってるらしいです)ました。
退職金となると、僕の勤めてる会社は退職金がないので判らないです。

ご家族が4人という事は僕のときと一緒ですね。裁判所が免責するかどうか考えた場合その家族が将来どのくらい
お金が掛かるか(学費など)考えるでしょうから免責確定する確立はかなり高いと思います。

会社を辞めると引っ越さなければならない・・・と、言う事は社宅ですかね。
アパートに引っ越すとしても20~30万は掛かるでしょうからそのお金も何とかせねばいけないでしょう。
退職金が出れば問題ないでしょうけど・・・
そういえば免責確定までは旅行、引越しなどは禁止されてたような気がします。

弁護士の先生とは電話で連絡を取り合う・・・ということではダメなのでしょうか?
裁判所からの出頭の呼び出しの時は同伴してくれるでしょうから問題ないように思えますが。(この件も弁護士の先生を頼んだわけではないので定かではないですが)

今の会社に残れればいいのでしょうがおそらく同僚にも知られていずらいのではないでしょうか?
もしそうでしたらやはり転職された方がいいと思います。

ではでは・・・がんばってください
お礼コメント
noname#2449

2度もお答え頂きありがたいです。引越しができない・・・というのはありえるはなしですね。確認した方がよさそうです。会社のほうは頑張っていすわれるような状態ではなさそうです。住んでるのは社宅とかじゃないのですが、会社を辞めればおそらく夫婦とも両親のいる地元に戻ってくるつもりだと思います。ただ、奥さんも旦那が会社をクビ、となると今まで再三考えていた離婚を現実のものとして実行する可能性もあります。実は奥さんが離婚!と騒ぐたびに私達や親が義兄に援助してきていたので。(その為にどれだけ親族が大変な思いをしてきたか・・・)だいたい自己破産を先延ばししていたのも会社にバレたくないからで、むりに変なところから借りてこのようなことになったのは皮肉な話です。それもこれも自業自得というところでしょうか・・。ともかくありがとうございました。免責になるまでの数ヶ月、義兄にはがんばってもらうしかないということですね。私達も金銭以外でできる協力はするつもりなので頑張ります。
投稿日時 - 2002-04-05 20:31:30
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 33% (17/51)

以前似たような質問に参考URLを紹介しました。 お忙しいとは思いますが是非読んで下さい。 色々と説明するよりはやいと思います。 免責決定に時間のかかる理由は存じませんが 概ね半年から一年近くかかると思います。 会社を辞める必要はないでしょう。 今回の件で著しく職務態度が悪化したというのならともかく... 債権者には怒られるかもしれませんがとうとう自己破産ではなく 再生の機会を得たの ...続きを読む
以前似たような質問に参考URLを紹介しました。
お忙しいとは思いますが是非読んで下さい。
色々と説明するよりはやいと思います。

免責決定に時間のかかる理由は存じませんが
概ね半年から一年近くかかると思います。

会社を辞める必要はないでしょう。
今回の件で著しく職務態度が悪化したというのならともかく...
債権者には怒られるかもしれませんがとうとう自己破産ではなく 再生の機会を得たのだから二度と同じ過ちを繰り返さぬ様 前向きに考える気持ちを持って頂ければとおもいます。
お礼コメント
noname#2449

回答ありがとうございます。参考URLについては私も以前から見ております。ただ免責までにそれほど時間がかかるとは思っていませんでした。会社のほうは私も辞めなくてよいと思うのですが、小さい会社でもあり直接人事に呼び出されて‘君をおいておく部署がない‘と言われたことで、いまの会社にしがみついていようという気がなくなったみたいです。どんな仕事であっても心機一転やり直すという気持ちのようです。
投稿日時 - 2002-04-05 12:39:26


  • 回答No.2

ryryさんはじめまして。 僕も4~5年前に自己破産しました。 まず自己破産の申し立てから面積の確定までは一年くらい掛かりました。 弁護士の費用も無かったので書類の作成とか裁判所に申し立てをするのも全部自分でしました。 免責確定まで時間が掛かるのはしょうがないと思います。 一月の半ばに手続きを開始したという事ですから3月のはじめの頃に裁判所から破産宣告されたと思います。 すぐに免責申し立て ...続きを読む
ryryさんはじめまして。
僕も4~5年前に自己破産しました。

まず自己破産の申し立てから面積の確定までは一年くらい掛かりました。
弁護士の費用も無かったので書類の作成とか裁判所に申し立てをするのも全部自分でしました。
免責確定まで時間が掛かるのはしょうがないと思います。
一月の半ばに手続きを開始したという事ですから3月のはじめの頃に裁判所から破産宣告されたと思います。
すぐに免責申し立てをしたとして9月以降に免責決定するのではと思います。(順調に行けば)
このままで免責になるかという事ですが義兄さんの家族構成とか収入とか色々な要素が考慮さての決定となりますので
一概には言えませんが僕の場合は債権600万位で家族4人年収当時300万ちょっと下回るくらいで順調に
免責確定まで行きました。
通常は破産申し立て後は債権者は返済を迫ってはいけなかったように覚えてますが定かではないです。
また債務者も破産申し立てから免責確定まで債権者に返済をしてはいけなかったように覚えてますが
そこらへんは弁護士の先生がついてらっしゃるので心配ないと思います。
(ある特定の債権者だけに返済すると免責不許可理由になってしまったような・・・)

会社の方も破産は解雇理由にならない事はわかってると思いますがそれでも解雇といってきたからには他にも
こじつけのような感じで理由をつけてきてると思います。例えば・・・勤務態度が不真面目とか・・・
裁判を起こす事も出来るでしょうが他の会社に移られた方がいいのではないでしょうか?
この件も義兄さんの年齢とかの兼ね合いも合っていちがいではいえないですが・・・
会社をクビになって一か月分の給料がもらえるはずですからそのお金と失業保険で食いつないでその間に
新しく職を見つけてもいいのではと思います。
たしか失業保険も自分の理由で退職の場合は3ヵ月後からだったと思いますが義兄さんの場合すぐ出るのではないかと思います。

以上の事は参考程度にとどめておいてください(参考にもならないかも)。僕は法律の専門家でもないですし記憶も定かではないので・・・
お礼コメント
noname#2449

回答ありがとうございます。どんなことであっても経験者の方の話は参考になります。義兄は今36才、家族4人、現在は会社の都合で赴任先におり、会社を辞めるとなれば引越し費用などもかなりかかりそうです。退職金とかってでるのでしょうか?それに引っ越してしまうと今の弁護士さんとも連絡が取りにくくなるでしょう。問題・疑問?が山積みです・・・
投稿日時 - 2002-04-05 13:10:27
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ