OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ある会社が当事者の裁判の内容を知ることできますか

  • すぐに回答を!
  • 質問No.243760
  • 閲覧数70
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

あるハウスメーカーから一戸建の家を買おうとしているものです。この会社は安価で設備もまあまあなのが有名なのですが、この会社は現在、建築主(お客)との間で数件、裁判中とのことらしいです。会社と建築主との間でどんなトラブルが発生しているのか非常に気になります。第3者(私)が裁判の概要を知る方法はないのでしょうか?どなたか詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 31% (77/242)

一応、閲覧は可能です。
しかし、ご質問の内容からは、当該事件の事件番号をご存じでないですね。それなら、記録の閲覧は事実上不可能です。
裁判所で保有する裁判記録は、事件番号で管理されていますから、まずはそれをお調べになることが必要かと存じます。それが分からないと、
「あれ見せて下さい。ほら、あれですよあれ!」
って言ってるのとおなじで、何の記録か分かりませんからね。

法律事務職員実務マニュアル
http://homepage1.nifty.com/lawclerk/shoukai.htm

ご質問からは少し離れてしまいますが、あなたとの件だけについてなら、オンライン無料相談等で、気になる部分を御相談されてはいかがでしょうか?
http://www.arcmedia.co.jp/q_a/index.htm
お礼コメント
hanako789

お礼率 100% (3/3)

回答ありがとうございました。事件番号が必要であることがわかりました。また、オンライン無料相談のアドレスありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-31 00:13:13
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 65% (157/239)

 原則民事訴訟法は91条で、「何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる」と定めていますので、本来訴状・答弁書・提出された書証などは「閲覧」は可能なはずです。  ですから、裁判が係属している裁判所の書記官室に行けば、閲覧できるのが本当ということになります。  しかし、実際はすんなりとは見せてくれないと思います。  ハウスメーカーとhanakoさんの何らかの契約書などと、免許証な ...続きを読む
 原則民事訴訟法は91条で、「何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる」と定めていますので、本来訴状・答弁書・提出された書証などは「閲覧」は可能なはずです。
 ですから、裁判が係属している裁判所の書記官室に行けば、閲覧できるのが本当ということになります。
 しかし、実際はすんなりとは見せてくれないと思います。
 ハウスメーカーとhanakoさんの何らかの契約書などと、免許証など身元証明書を所持していく必要があるでしょう。
 うまくいけば、書類のコピーまでとらせてくれるかもしれませんが、素人と思って、煙に巻くような言い方をするかもしれませんが、91条のコピーもとっといて、「ここにこういうふうに書いてありますけど?」と詰め寄るぐらいの覚悟で行かないと、閲覧さえさせてもらえないかもしれません。
お礼コメント
hanako789

お礼率 100% (3/3)

現実には素人では閲覧が難しそうということが理解できました。このハウスメーカの信頼性については他のアプローチ(同業者に内情や評判を聞く)で調べて行くことの方が法律素人の私にはよいとわかりました。アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-31 00:21:34
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (2276/4889)

>第3者(私)が裁判の概要を知る方法はないのでしょうか? 民事訴訟法上、訴訟記録の閲覧はいつでも誰でもできますが、実際には理由をつけて拒絶される場合があります。現在進行中の訴訟記録は裁判官がもっているので「訴訟にさしさわりがある」と云う理由です。仮に、閲覧を許可されたとしても、普通では、どこに何が書いてあるかわからず、また、内容が法律用語が多く、即、全体を理解することは非常に困難です。 それより先 ...続きを読む
>第3者(私)が裁判の概要を知る方法はないのでしょうか?

民事訴訟法上、訴訟記録の閲覧はいつでも誰でもできますが、実際には理由をつけて拒絶される場合があります。現在進行中の訴訟記録は裁判官がもっているので「訴訟にさしさわりがある」と云う理由です。仮に、閲覧を許可されたとしても、普通では、どこに何が書いてあるかわからず、また、内容が法律用語が多く、即、全体を理解することは非常に困難です。
それより先に、その事件の事件番号や当事者、又は、次回期日などが閲覧申請要件となっていますから、これから調べなくてはなりません。
お礼コメント
hanako789

お礼率 100% (3/3)

事件番号や当事者名、次回期日などいろいろと調べることがあり、さらに、閲覧できたとしても素人では理解できなそうなことがわかりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-03-31 00:17:16
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ