OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

インフルエンザ脳炎・脳症について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.240686
  • 閲覧数1185
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 17% (8/45)

インフルエンザ脳炎・脳症について調べています。
情報がありましたら教えてください。お願いいたします。

疾患の定義、疫学的データ(国・地域による発生率、発生件数、発症年齢など)、治療法、予後、解熱剤との関係、原因に関する仮説などがわかるとうれしいです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 ウイルス学関係者です。こちらにインフルエンザ脳炎・脳症治療研究会のリンクがありますので参考にしてください。

 解熱剤との関係では、ボルタレンという名称で使用されておりますジクロフェナクナトリウムを成分とする座薬の使用によって、幼いお子さんが症状を悪化させて亡くなった例が報告されまして、厚生労働省より通達が出されております。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 28% (6/21)

インフルエンザ脳症と解熱鎮痛剤の因果関係ははっきりしませんが、アメリカでインフルエンザ感染時にサリチル酸系薬物を服用し脳症がでたために、そのご、投与を控えたためにその症状が減ったとの勧告を受け日本でも、インフルエンザ、水疱瘡感染時にサリチル酸系薬物の投与を慎重にするように支持されています。 ちなみに、アスピリン、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミドがこれにあたります。成人には問題が無いとされ、この注 ...続きを読む
インフルエンザ脳症と解熱鎮痛剤の因果関係ははっきりしませんが、アメリカでインフルエンザ感染時にサリチル酸系薬物を服用し脳症がでたために、そのご、投与を控えたためにその症状が減ったとの勧告を受け日本でも、インフルエンザ、水疱瘡感染時にサリチル酸系薬物の投与を慎重にするように支持されています。
ちなみに、アスピリン、サザピリン、サリチルアミド、エテンザミドがこれにあたります。成人には問題が無いとされ、この注意は15歳未満とされています。
感染症学会では因果関係がはっきりせずといい、現場の小児科医は使用を中止すべきといっています。
一つの考え方として、インフルエンザはウイルスによって引き起こされ、急な解熱によって症状がウイルスの活動が活発になり、悪化するのではないかとかとされているようですが、因果関係ははっきりしていないようです。
そのために厚生省などは、やむをえない場合に限りと歯切れの悪い表現になっています。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ