OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

コピーコントロールCDの複製

  • 暇なときにでも
  • 質問No.240301
  • 閲覧数212
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 9% (87/900)

知人が買ったコピーコントロールCDをMacに入れたところ、Macに標準搭載されているiTunesでそのまま再生し読み込むことも出来ました。読み込んだデータはすぐに削除しましたが、ここで質問です。自分で買ったCDを個人的な用途で複製を作ることは法的に問題がありませんが、コピー防止の機能を破ることは問題だと聞いたことがあります。しかし特別なソフトや方法でなく、ごく普通にコピー出来る場合は、問題があるのでしょうか。しかも、このCDにはMacでは再生出来ないと書いてあります。それをMacでコピーすることの法的問題はあるのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

こんばんは♪

ZDnetの記事で、弁護士の人がこの件に関してお話されていました。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

DVDの場合、強力なコピーガードがかかっていて、外すのにかなりの技術と機材が必要で、外すこと事態が著作権法の『技術的保護手段の回避(とか言ったと思います)』違反になるわけですが、 avexのコピーコントロールCD(PhilipsやSonyの策定したCDの規格を満たしていないので、正しくはCDではないです)の場合、コピーガードが貧弱すぎて、ただコピーするだけでコピーできるようなので、違反にならないので ...続きを読む
DVDの場合、強力なコピーガードがかかっていて、外すのにかなりの技術と機材が必要で、外すこと事態が著作権法の『技術的保護手段の回避(とか言ったと思います)』違反になるわけですが、

avexのコピーコントロールCD(PhilipsやSonyの策定したCDの規格を満たしていないので、正しくはCDではないです)の場合、コピーガードが貧弱すぎて、ただコピーするだけでコピーできるようなので、違反にならないのではないかと思いますが、法律の専門家ではないので、法律上どうなるかは、よりお詳しい方にお任せします。

Mac非対応は簡単にコピーできてしまうからだ、という話があります。

ついでに、Windowsの場合、専用のプレイヤーが『何の予告もなく』、勝手にインストールされ、オマケに『レジストリ』まで書き換えます。

通常、ソフトウェアのインストールは、ユーザーが『インストールしますか?』に『はい』と回答した後、インストール作業が行われ、『レジストリ』が書き換えられるということを考えると、avexのコピーコントロールCDは、『著作権法違反』うんぬん以前に、ユーザーから『ウィルス』の一種と言われてもおかしくないのではないかと個人的には思っています。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

最初の方が記事を参考URLに置かれていますが、基本的に違法ではないです。 著作権保護手段を回避してのコピーはダメですが、今回の場合は、保護を回避したのではなく保護がかからなかったと言うことを意味します。 ということは、複製権に反するものではないため、違法にはあたらないという結論となります。 もう少し分かりやすく言いましょう。 著作権保護を回避してというのは、自らそれを望んで回避することを指しま ...続きを読む
最初の方が記事を参考URLに置かれていますが、基本的に違法ではないです。
著作権保護手段を回避してのコピーはダメですが、今回の場合は、保護を回避したのではなく保護がかからなかったと言うことを意味します。
ということは、複製権に反するものではないため、違法にはあたらないという結論となります。

もう少し分かりやすく言いましょう。
著作権保護を回避してというのは、自らそれを望んで回避することを指します。たとえば、コピーガード除去装置(コピーガードキャンセラー)といわれるものを使ったり、自分でプログラムや機械を作成して解除する。
これは、違法です。

ただ、今回の場合は保護機能は搭載しているが、それが機能しなかったということですので、別にコピーできなければコピーしなかったかもしれません。となると、法的に違法性はない。ガード自体が役目を果たしていないわけで、回避したわけではないですからね。

ただし、これを悪用してコピーする場合、頒布の目的でのコピーはたとえ、保護がかからない故意に回避したわけでなくとも違法になります。あくまで私的な利用範囲に置いての利用となります。また、これら以外にも、相手の著作権及び利益獲得を侵害したと見なされる場合は違法。
(悪用とは、度を超えた枚数のコピー、他人から教えてもらってのコピー及び特定の機能を悪用してのコピーなどを指す。)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ