OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

赤ワイン(ポリフェノール)の効能

  • 暇なときにでも
  • 質問No.239337
  • 閲覧数3810
  • ありがとう数97
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 62% (5/8)

赤ワインが風邪に効く、又は予防になる、という話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?ポリフェノールにそのような効能でもあるのでしょうか!?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (5405/10617)

予防になるとは聞いたことがないのですが、イタリア(ヨーロッパの他の国でも)では風邪の時、温めた赤ワインを飲むそうです。
日本の『たまご酒』みたいな感じではないでしょうか?

温赤ワインはアルコール分とポリフェノールにより、血行促進と保温効果があるそうです。

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arukaze/kaze5.htm

予防になると書いてあるH.Pもありますので、参考にしてください。

http://www.threelight.co.jp/chokan/gekitai2/

要するには体を冷やさないことにより、予防・効果があるのではないでしょうか?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆ う~ん、赤ワインに風邪の予防効果があるとすれば、それはワイン中に含まれるビタミンCのおかげではないか、と思われるのですが… また、引いてしまった風邪に対して効き目が確認できるのは、おそらくアルコール分による保温効果や、クエン酸による疲労回復効果かと… 赤ワインなどのアントシアニン、お茶のカテキン、大豆のイソフラボン等々の、いわゆるフェノール水酸基の抗酸化性については、定評のあるところで ...続きを読む
◆Naka◆
う~ん、赤ワインに風邪の予防効果があるとすれば、それはワイン中に含まれるビタミンCのおかげではないか、と思われるのですが…
また、引いてしまった風邪に対して効き目が確認できるのは、おそらくアルコール分による保温効果や、クエン酸による疲労回復効果かと…
赤ワインなどのアントシアニン、お茶のカテキン、大豆のイソフラボン等々の、いわゆるフェノール水酸基の抗酸化性については、定評のあるところですが、それが風邪に対して有効である、という話は聞いたことがありません。(不勉強かもしれないです) (^_^;)
なんだか、自信のない回答ですみません。
もっと詳しい方の登場を待ってみましょう。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 37% (62/165)

 全く無意味ではないとしても、大事なことは十分な効果があるのか、ということです。その意味で、赤ワインでかぜを予防することは無理です。マンションを買う準備として毎月1万円積み立てることは無意味ではありませんが、それだけでマンションは買えないのと似ています。  健康食品に関する情報には、このようなことが多いのでご注意!  もう1つ注意したいのは、摂りすぎによる副作用です。赤ワインはアルコールですから、摂り ...続きを読む
 全く無意味ではないとしても、大事なことは十分な効果があるのか、ということです。その意味で、赤ワインでかぜを予防することは無理です。マンションを買う準備として毎月1万円積み立てることは無意味ではありませんが、それだけでマンションは買えないのと似ています。
 健康食品に関する情報には、このようなことが多いのでご注意!
 もう1つ注意したいのは、摂りすぎによる副作用です。赤ワインはアルコールですから、摂りすぎにより確実に肝障害が起こります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ