OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

入浴中の体毛につく気泡の出所は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.239113
  • 閲覧数770
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 79% (178/223)

ちょっとぬるめのお風呂に入っていると、水中の体毛にビッシリと気泡が付きますよね。あれは水に溶けている酸素なんですか?どうやってそのような状態になるのですか?おしえて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 48% (102/210)

過飽和説に1票!
「なぜだろう?」とも感じていなかったのですが、言われてみれば
空気の過飽和が解消される現象と思います。

水(液体)に溶けていられる空気(気体)の量は決まっていて、
溶解度あるいは飽和溶解度といいます。一般に液体の温度が上がると
気体の溶解度は下がり、もともと水に溶けていた量の空気は、
湯(温度の高い水)には溶けきれないのです。

溶けきれないなら泡になる「はず」ですが、そ~っとしておくと
「溶けたまま」でいることがあり、これが『過飽和』です。
泡(気液界面)ができるためにはキッカケが必要で、毛のように
「尖ったもの」は過飽和を解消するキッカケになりやすいです。

高級なシャンパングラスは、底に傷を作ってあるとか。(自信なし)
その傷が炭酸ガスの過飽和を解消する「キッカケ」となり、泡が
ひとすじに上っていく演出をしているのでしょう。
お礼コメント
tom17

お礼率 79% (178/223)

結露の原理と同じようなものですか!?
水中で大量の泡を集めることができれば、水中でもちょっと長生きできるのか・・
なんて訳のわからないことを考えてしまいました。
投稿日時 - 2002-03-22 09:59:55
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

酸素、というより「空気」でしょう。窒素と酸素。 水に対する気体の溶解度は、温度が高くなるほど低く(溶けにくく)なります。 水道水に含まれていた空気が温められて気体になろうとして「過飽和」状態になっているところに「体毛」があるとそこについて気泡が大きくなる、という状態ではないでしょうか。(ビールの泡がグラス壁にできるようなもの) あつい風呂にはいって、水でうめていても、やっぱりこまかい泡がつき ...続きを読む
酸素、というより「空気」でしょう。窒素と酸素。

水に対する気体の溶解度は、温度が高くなるほど低く(溶けにくく)なります。
水道水に含まれていた空気が温められて気体になろうとして「過飽和」状態になっているところに「体毛」があるとそこについて気泡が大きくなる、という状態ではないでしょうか。(ビールの泡がグラス壁にできるようなもの)

あつい風呂にはいって、水でうめていても、やっぱりこまかい泡がつきます。
あつくなってしまった風呂では、抜けた後なので泡がつかないのではないかと思います。
お礼コメント
tom17

お礼率 79% (178/223)

回答ありがとうございます。
頭ではなんとなく理解できるのですが、不思議ですよね。
投稿日時 - 2002-03-22 09:54:20
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ